広告収益に関するアナリティクスを理解する

この記事では、YouTube アナリティクスについて説明します。YouTube で収益を得る方法については、こちらをご覧ください。

YouTube アナリティクスでは、チャンネルのパフォーマンスを測定したり、YouTube で獲得した収益額を確認したりできる幅広い指標が提供されています。中には互いに類似した指標もありますが、YouTube 広告収益を把握するためには違いを知ることが重要です。以下では、混同されやすい指標や、違いを知ることが重要である理由について説明します。

インプレッション単価(CPM)

CPM は、広告主が YouTube への広告掲載にかけている費用を表します。動画が視聴回数 1,000 回ごとに獲得する収益の指標ではありません。YouTube アナリティクスには、異なる CPM 指標がいくつか表示されます。

  • CPM: 広告の表示回数 1,000 回に対して広告主が支払う費用です。広告の表示回数は、広告が表示されるたびにカウントされます。
  • 再生回数に基づく CPM: 広告が表示される動画の再生回数 1,000 回に対して広告主が支払う費用です。

CPM と再生回数に基づく CPM の違い

YouTube の動画には、複数の広告を掲載できます。CPM は、広告の表示回数に対する広告費用です。再生回数に基づく CPM は、広告が 1 回以上表示された動画の再生回数に対する広告費用です。多くの場合、再生回数に基づく CPM は CPM より高くなります。
たとえば、ご自身の動画が 5,000 回視聴されているとします。そのうち 1,000 回は 1 つの広告が表示され、500 回は 2 つの広告が表示されました。広告が表示された視聴回数の合計は 1,500 回です。つまり、個別の広告の表示回数は 2,000 回ですが、収益化対象の再生回数は 1,500 回ということです。
仮に広告主が合計で 7 ドル支払ったとします。動画のインプレッション単価は、広告主の費用 7 ドルを広告の表示回数の 2,000 で割って 0.0035 ドルになります。CPM(表示回数 1,000 回あたりの費用)は、0.0035 ドルに 1,000 を掛けて 3.50 ドルになります。再生回数に基づく CPM は、7 ドルを収益化対象の再生回数の 1,500 で割り、1,000 を掛けて 4.67 ドルになります。

CPM が重要である理由

広告が動画に配信されると、広告主が支払う費用の一部を受け取ることができます。広告主が広告に対して支払う額が大きいほど、多くの収益を得られます。CPM は、クリエイターの動画や視聴者に対して、ビジネス目標を追求する広告主がどれだけの価値を見出しているかを知るのに最適な指標です。
クリエイターの収益が、CPM に視聴回数を掛けた値と等しくなることはありません。なぜなら、CPM は広告主が支払う費用を反映したものであり、クリエイターが獲得するものではないからです。また、すべての視聴で広告が表示されるわけではありません。動画が広告掲載に適していない場合、広告掲載の対象外となります。視聴の際に使用可能な広告が不足しているため広告が表示されない動画もあります。広告が表示された視聴は「収益化対象の再生」と呼ばれます。

CPM が変化する理由

時間とともに CPM が変動することは正常な現象です。変動の理由には次のようなものがあります。
  • 時期: 広告主は時期によって入札単価を高くしたり、低くしたりする傾向があります。たとえば、祝日の直前では多くの広告主が入札単価を高くします。
  • 視聴者の地域の変化: 広告主は、広告を表示したい国や地域を管理できます。広告市場において、異なる地域では異なるレベルの競合が発生します。そのため、視聴回数の大部分を占める地域が変動すれば、CPM にも変動が現れることがあります。たとえば、以前は CPM が高い国からの視聴が多かったチャンネルで、CPM が低い国からの視聴回数が多くなれば、CPM が減少する可能性があります。
  • 利用可能な広告フォーマットの配信数の変化: 広告の種類が変われば、CPM も変わる傾向にあります。たとえば、広告枠でスキップ不可の広告がより多く利用できるようになれば、CPM は高くなる可能性があります。

推定収益と広告収益の比較 

  • 推定収益: すべての収益タイプからの収益です。この指標は [収益] タブに表示されます。
  • 推定広告収益: 動画に掲載される広告からのみの収益です。この指標は収益源レポートに表示されます。

[収益] タブにある主要指標カードには、推定収益、推定の収益化対象の再生、再生回数に基づく CPM が表示されます。推定の収益化対象の再生と再生回数に基づく CPM は、広告収益に関するものだけです。つまり、推定収益には他の収益源からの収益が含まれるため、広告収益よりも高くなる可能性があります。他の収益源には、チャンネル メンバーシップ、YouTube Premium の収益、グッズ販売、Super Chat が含まれます。広告のみの収益を確認するには、推定広告収益をご覧ください。

視聴回数、広告の表示回数、推定の収益化対象の再生

  • 視聴回数: 動画が視聴された回数
  • 広告の表示回数: 個別の広告が動画で表示された回数
  • 推定の収益化対象の再生: 広告表示を伴って動画が視聴された回数

ご自身の動画が 10 回視聴され、そのうち 8 回の視聴で広告が表示された場合、視聴回数は 10 回、推定の収益化対象の再生は 8 回になります。推定の収益化対象の再生のうち 1 回は 2 つの広告が表示された場合は、広告の表示回数は 9 回となります。

YouTube でのすべての視聴で広告が表示されるわけではありません。広告が表示されないのは、次のような場合です。

  • 動画が広告掲載に適していない
  • 動画で広告または個別の広告フォーマットがオフになっている。
  • その時点で特定の視聴者に表示可能な広告がない。広告主は特定のデバイス、ユーザー属性、地域、関心をターゲットとして設定できます。チャンネルの視聴者がこのターゲットに一致していない可能性があります。詳しくは、動画広告で利用できるターゲティング方法をご覧ください。
  • 他にも、視聴者の国、視聴者が最近見た広告、Premium の定期購入の有無など、さまざまな要素があります。

このため、推定の収益化対象の再生よりも視聴回数が多くなる場合があります。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。