@TeamYouTubeツイッターアカウントから最新情報をツイートしています。日本語でのお問い合わせも受け付けています。

スケジュールが設定された著作権侵害による削除通知について

著作権者が、著作権で保護されている自身の作品が無断で YouTube に掲載されているのを見つけた場合、そのコンテンツに対してスケジュール付きの削除通知を出すことができます。

YouTube による削除通知の審査後、アップロードしたユーザーには、動画を削除して著作権侵害の警告を回避できるように 7 日間の猶予が与えられます。アップロードしたユーザーが動画を削除しなかった場合、7 日後に動画は削除されます。

この 7 日間に、アップロードしたユーザーは次のような対応を取ることができます。

  • 何も行わない: アップロードしたユーザーは、7 日後に削除通知が有効になるまで待つことができます。有効になった時点で、問題の動画は YouTube から削除され、アップロードしたユーザーのアカウントには著作権侵害の警告が適用されます。
    • : 1 つの動画に対して Content ID の申し立てや削除通知が複数回行われた場合でも、著作権侵害の警告が発せられるのは一度に 1 回だけです。
  • 動画を削除する: アップロードしたユーザーが 7 日以内に YouTube から該当の動画を削除した場合、チャンネルが著作権侵害の警告を受けることはありません。
  • 著作権者に連絡する: アップロードしたユーザーは、動画の削除通知を送信した著作権者に連絡して、撤回を求めることができます。詳しくは、著作権侵害の申し立ての撤回についての記事をご覧ください。
  • 再審査請求を撤回する: スケジュール設定された削除通知が、アップロードしたユーザーによる Content ID の申し立てに対する再審査請求の結果として発生した場合は、アップロードしたユーザーは 7 日以内に再審査請求を撤回できます。撤回することで、アップロードしたユーザーは動画の削除を回避でき、著作権侵害の警告を受けることはありません。ただし、動画に対する Content ID の申し立ては有効なままになります。詳しくは、著作権侵害によるコンテンツの削除と Content ID の申し立ての違いをご覧ください。

7 日間の期間が過ぎると、該当の動画は YouTube によって削除され、アップロードしたユーザーのチャンネルは著作権侵害の警告を受けます。この削除によって違反警告が解除されることはありません。違反警告は 90 日後に期限切れになりますが、その後に動画が復元されることはありません。この違反警告が、アップロードしたユーザーの初めての違反警告である場合は、コピーライト スクールを受講する必要があります。

この時点で、動画が誤って削除されたと思われる場合は、アップロードしたユーザーは異議申し立て通知を提出できます。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
59
false