動画を HD で視聴する

YouTube では、快適に動画をご覧いただくため、インターネット接続速度に応じて標準解像度(240p や 360p)から高解像度(720p や 1080p)まで動画の画質を調整しています。動画を視聴しているときに画質が変わることがあるのは、このためです。

動画の画質を決定するその他の要因:

  • 動画プレーヤーのサイズ: デフォルトでは、画質設定は [自動] になっており、ユーザーの動画プレーヤーのサイズに合わせた最高画質で再生されます。
  • アップロードされた動画のオリジナルの画質: たとえば、標準解像度で録画された動画は、高解像度では再生できません。
一部のブラウザは新しい動画形式や画質オプションに対応していません。詳しくは、対応していない画質オプションをご覧ください。

動画の画質を変更する

パソコン、テレビ、モバイル端末などで視聴している動画の画質を手動で調整できます。

パソコン

パソコンでの視聴中に動画の画質を調整するには:
  1. 動画プレーヤーで、その他アイコン を選択します。
  2. [画質] をクリックします。
  3. 希望する画質を選択します。

テレビ

テレビでの視聴中に動画の画質を調整するには:
  1. 動画プレーヤーで、その他アイコン を選択します。
  2. [画質] をクリックします。
  3. 希望する画質を選択します。
: 端末によっては、最新の動画圧縮テクノロジー(VP9)に対応していないために一部の高画質形式(1080p、4K など)を利用できない場合があります。

モバイル端末

モバイル端末での視聴中に動画の画質を調整するには:
  1. 動画プレーヤーで、その他アイコン を選択します。
  2. [画質] をタップします。
  3. 希望する画質を選択します。
注: 低画質(240p や 360p など)を選択すると、再生が始まるまでにかかる時間を短縮できます。この設定は動画プレーヤーで記憶され、動画は次回以降もこの画質で再生されます。
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。