検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

画質

YouTube Help チャンネルに登録して、動画作成のおすすめの方法、テクニック、ハウツーをご覧ください。

YouTube では、できるだけ快適に動画をご覧いただくため、インターネット接続速度(帯域幅)に応じて標準解像度(240p や 360p)から高解像度(720p や 1080p)まで動画の画質を調整しています。動画を視聴しているときに画質が変わることがあるのは、このためです。

動画の画質を決定するその他の要因:

  • 動画プレーヤーのサイズ: デフォルトでは、画質設定は [自動] になっており、ユーザーの動画プレーヤーのサイズに合わせた最高画質で再生されます。
  • アップロードされた動画のオリジナルの画質: たとえば、標準解像度で録画された動画は、高解像度では再生できません。

動画の画質を変更する

画質を変更するには動画プレーヤーの右下にある [設定] をクリックし、希望の解像度を選択します。

モバイル端末で画質を調整するには、[メニュー] をタップして [画質] を選択します。このオプションは、テレビやゲーム機などの一部のデバイスや、モバイル ネットワーク上の iOS などの一部の接続では利用できません。

低画質(240p や 360p など)を選択すると、再生が始まるまでにかかる時間を短縮できます。この設定は動画プレーヤーで記憶され、動画は次回以降もこの画質で再生されます。

この記事は役に立ちましたか?