画質

YouTube ではできるだけ快適な環境で動画をご覧いただくため、動画の画質がインターネット接続速度(帯域幅)に応じて標準解像度(240p や 360p)から高解像度(720p や 1080p)まで調整されます。動画をご覧になるときに画質が変わることがあるのは、このためです。

動画の画質を決定するその他の要因は、次のとおりです:

  • 動画プレーヤーのサイズ: デフォルトでは画質設定は [自動] になっており、YouTube はユーザーの動画プレーヤーのサイズに合わせた最高画質で再生します。
  • アップロードされた動画のオリジナルの画質: たとえば、標準解像度で録画された動画は、高解像度では再生できません。

動画の画質を変更する

画質を変更するには動画プレーヤーの右下にある歯車のアイコンをクリックして希望の解像度を選択します。

携帯端末では、 メニュー アイコン歯車のアイコンの順にタップして画質を調整します。このオプションは、テレビ/ゲーム コンソールなど一部のデバイスまたはモバイル ネットワーク上の iOS など一部の接続では利用できません。

パソコンで YouTube にログインしている場合は、すべての動画のデフォルトの品質を設定することができます。ただし、携帯端末で YouTube を使用する場合には、デフォルト設定は適用されません。

動画を高画質で再生しない

インターネットの接続速度が遅い場合は、低画質の設定を使用することで動画の読み込みを高速化することができます。

  1. [設定] ページに移動します。
  2. [接続速度が遅いので高画質の動画を再生しない] を選択します。
  3. [保存] ボタンをクリックします。
フルスクリーンの場合は常に HD で再生する

インターネットの接続速度が高速な場合は、HD 画質での再生が可能なときは常に HD 画質で動画を再生するように設定を変更できます。

  1. [設定] ページに移動します。
  2. [フルスクリーンの場合は常に HD で再生する(可能な場合)] を選択します。
  3. [保存] ボタンをクリックします。