画質

YouTube Help チャンネルに登録して、動画作成のおすすめの方法、テクニック、ハウツーをご覧ください。

YouTube では、できるだけ快適に動画をご覧いただくため、インターネット接続速度(帯域幅)に応じて標準解像度(240p や 360p)から高解像度(720p や 1080p)まで動画の画質を調整しています。動画を視聴しているときに画質が変わることがあるのは、このためです。

動画の画質を決定するその他の要因:

  • 動画プレーヤーのサイズ: デフォルトでは、画質設定は [自動] になっており、ユーザーの動画プレーヤーのサイズに合わせた最高画質で再生されます。
  • アップロードされた動画のオリジナルの画質: たとえば、標準解像度で録画された動画は、高解像度では再生できません。

動画の画質を変更する

画質を変更するには、動画プレーヤーの隅にある歯車のアイコンをクリックして、お好みの解像度を選択します。

モバイル端末では、 メニュー アイコン歯車アイコンの順にタップして画質を調整します。このオプションは、一部のデバイス(テレビ / ゲーム コンソールなど)や一部の接続(iOS のモバイル ネットワークなど)では利用できません。

パソコンで YouTube にログインしている場合は、以下の手順ですべての動画のデフォルトの画質を設定することができます。ただし、モバイル端末で YouTube を使用する場合には、デフォルト設定は適用されません。

動画を高画質で再生しないようにするには

インターネットの接続速度が遅い場合は、低画質に設定すると動画の読み込みを高速化できます。

  1. [設定] ページに移動します。
  2. [接続速度が遅いので今後動画を高画質で再生しない] を選択します。
  3. [保存] ボタンをクリックします
常に最適な画質で視聴するには

インターネットの接続速度が高速な場合は、HD 画質で再生できる動画は常に HD 画質で再生するように設定を変更できます。

  1. [設定] ページに移動します。
  2. [常に接続速度とプレーヤー サイズに最適な画質を使用する] を選択します。
  3. [保存] ボタンをクリックします
この記事は役に立ちましたか?