コピーライト マッチ ツール

コピーライト マッチ ツールは、オリジナル動画と完全に一致する動画が他の YouTube チャンネルで再アップロードされたことを検出します。一致が検出された動画は YouTube Studio で確認し、どのように対応するかを選択できます。現在、このツールは YouTube パートナー プログラムに参加しているチャンネルでご利用いただけます。

コピーライト マッチ ツールでは、オリジナル動画を YouTube にアップロードすると、その後にアップロードされたすべての動画がスキャンされ、一致しているかどうかが確認されます。一致を確認できるユーザーは、動画のアップロード日時に基づいて決められます。つまり、YouTube にそのコンテンツを最初にアップロード(公開、非公開、限定公開のいずれでも可)したユーザーであることが重要になります。新しく検出された一致がないかどうか、定期的に確認してください。

コピーライト マッチ ツールの使用には、責任が伴うことに十分ご注意ください。著作権侵害による削除制度の意図的または度重なる濫用や、一致判定システムのプローブ(攻撃や侵入を目的とした調査)またはリバース エンジニアリングの試行などの不適切な使用が行われた場合、機能にアクセスできなくなる、YouTube パートナーシップが停止されるなどの措置を講じられる可能性があります。また、YouTube でお客様の動画に一致するアップロードが検出されたからといって、著作権侵害が断定されるわけではありません。削除リクエストを送信する前に、それぞれの動画を確認し、フェアユース、フェア ディーリング、または同様の例外措置で保護されているかどうか考慮することは、お客様ご自身の責任です。

ツールの使用

  1. コピーライト マッチ ツールを利用できるチャンネルでは、YouTube Studio の左側のナビゲーションに [著作権] セクションが表示されます。
  2. [著作権] セクションの [一致] タブでは、YouTube にアップロードされ、高い類似性が検出された動画を参照できます。
  3. ツールで一致を確認した場合にとれる対応策がいくつかあります。ご自身の権利をどのように管理するかに応じて選べます。
    1. アーカイブ - 動画に対して対応を取らない場合は、一致した動画を [アーカイブ] タブに移動します。後で対応を行うことも可能です。
    2. チャンネルにメッセージを送信 - アップロードしたチャンネルとの対話を開始して、一致が特定されたことを通知します。通知を送信した相手は [メッセージ] タブで把握できます。それらの相手とはメールで対話を続けることができます。
    3. 削除をリクエスト - 一致する動画をサイトから削除するように、YouTube に法的要請を送信します。この場合は、次の 2 通りの選択肢があります。
      1. スケジュールを設定: 7 日前の猶予通知を送信する - 動画を削除する通知をチャンネルに送信します。そのチャンネルが 7 日後に動画を削除していない場合、該当の動画は削除されます。そのチャンネルは著作権侵害の警告を受けることがあります。
      2. 標準: 今すぐ削除をリクエストする - 削除リクエストが YouTube に直接送信されます。削除後、アップロードしたチャンネルは著作権侵害の警告を受けることがあります。
      送信後、YouTube でリクエストを処理するためにより詳細な情報が必要になる場合があるため、メールをご確認ください。また、[削除リクエスト] タブで、送信の記録と状況の更新を確認することもできます。

よくある質問

一致する動画に何の対応も取りたくない場合はどうなりますか?
対応を取らなくても問題ありません。一致した動画をアーカイブすると、[一致] タブに表示されなくなります。通知は 1 つの一致につき 1 回のみであるため、それらの動画が再び表示されることはありません。
YouTube で私のコンテンツに一致する動画を見つけましたが、[一致] タブでは通知されていませんでした。検出されなかったのはなぜですか?
コピーライト マッチ ツールの目的は、オリジナル動画に完全またはほぼ完全に一致する動画を検出することです。そのため、動画のごく一部を他のユーザーが使用した場合には検出されない可能性があります。ご自身の動画の再アップロードを見つけ、その削除を希望する場合は、いつでも著作権ウェブフォームからご報告いただけます。
すべての動画が一致判定の対象になるわけではない理由は何ですか?
お客様がアップロードした動画との一致がスキャンされない場合は、いくつかの理由が考えられます。
  • お客様が YouTube にその動画をアップロードした最初の人物ではなかった
  • 動画がすでに Content ID によって保護されている
  • 動画が Content ID の申し立てを受けている

私はミュージシャンですが、このツールを使用して自分の楽曲の再アップロードを見つけることはできますか?
コピーライト マッチ ツールの目的は、YouTube 上でお客様の動画に完全またはほぼ完全に一致する動画を検出し、確認できるように提示することです。これには、音声が置き換えられている場合やダビングされている場合も含まれます。何者かがお客様の動画の一部(音声部分のみなど)を使用した場合、ツールでは検出されません。お客様が自分のコンテンツの再アップロードを見つけ、その削除を希望する場合は、いつでも著作権ウェブフォームからご報告いただけます。

私の動画に一致する動画を自動で削除してもらえませんか?
YouTube では、コンテンツの不正使用の通知を著作権者にお願いしています。YouTube が判定できるのは、ある動画を最初にアップロードした人物のみであり、動画を所有する人物や動画をアップロードする権限を持っている人物を判定することはできません。多くのクリエイターは、動画を再アップロードする権限を他のチャンネルに付与したり、再アップロード後にライセンス契約を結んだりするだけでなく、動画でコラボレーションを行ったり、複数のチャンネルへのコピーのアップロードに同意したりすることもあります。コピーライト マッチ ツールは、アップロードしたユーザーの権利と元の著作権者の権利とのバランスを取ることを目的として、再アップロードに関する情報をクリエイターに提供します。クリエイターは一致を十分に確認した後、どのように対応するかを決定できます。

ある動画がお客様のコンテンツを使用しているからといって、その動画がお客様の著作権を侵害しているとは限りません。対応を行う前にそれぞれの一致を検証し、元のコンテンツを作成した人物がご自身であることを確認することは、作成者の責任となります。パブリック ドメインのコンテンツなど、ご自身が独占的に所有するものではないコンテンツについては、著作権侵害による削除リクエストを提出しないでください。また、一致したコンテンツがフェアユースといった著作権上の例外に該当し、再利用の許諾を必要としない可能性も考慮する必要もあります。

あるチャンネルに対して複数の動画の削除をリクエストしましたが、そのチャンネルが停止していないのはなぜですか?
YouTube では、著作権侵害による削除手続きの不正利用を防止するため、数多くの対策を講じています。そうした不正防止策のひとつでは、チャンネルを停止する前に、受け取った著作権侵害の警告にチャンネルが対処できるよう機会を設けています。多数の削除リクエストを送信してもチャンネルが存続している場合は、これらの制度のいずれかが機能していると考えられます。チャンネルに対する削除リクエストの件数は YouTube の著作権違反ポリシーで考慮されるため、お客様の著作権を侵害すると考えられるコンテンツを見つけた場合は、引き続きご報告ください。

あるチャンネル全体を報告することはできますか?
あるユーザーが別の個人の実名、画像、その他の個人情報を使用してチャンネルや動画を作成し、自身がその人物であるかのように見せかけて視聴者を欺いた場合、YouTube はその行為をなりすましと見なします。なりすましの被害を受けていると考えられる場合は、なりすまし報告のウェブフォームを使用して報告してください。上記の基準に該当しない場合は、著作権に関する申し立てウェブフォームを使用して、著作権を侵害していると考えられる動画を報告できます。

コピーライト マッチ ツールにアクセスするにはどうすればよいですか?
現在、このツールは YouTube パートナー プログラムに参加しているチャンネルでご利用いただけます。現在このツールの利用資格がなく、著作権管理のオプションを増やす必要があると思われる場合は、こちらのフォームにご記入ください。コピーライト マッチ ツールまたは別の著作権管理ツールがご自身の著作権管理のニーズに適しているかをご確認いただけます。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。