収益化している動画に広告が表示される仕組み

チャンネルで収益化を有効にすると、動画で広告を表示できるようになります。広告は AdSense オークション、Google アド マネージャー、その他の YouTube の販売ソースを通じて配信されます。収益化を有効にしてから広告が表示されるようになるまで、少し時間がかかることがあります。

動画に表示される広告は、コンテキスト要素(動画のメタデータや、内容が広告掲載に適しているかどうかなど)に基づいて自動的に決定されます。

YouTube では、動画に最もふさわしい広告を表示するために、システムの定期的な監視と更新を行っています。ただし、YouTube は動画に表示される広告を手動で制御していないため、特定の広告が表示されることを保証できません。

収益化が有効になっている動画に広告が表示されるとは限りません。視聴時に表示可能な広告がない場合もあり得るからです。広告に関して問題があると思われる場合は、動画に広告が表示されない理由をご確認ください。

パートナーが販売する広告とは

2010 年以来、YouTube では少数のパートナーに対し、パートナーの YouTube コンテンツに掲載する広告を販売することを許可しています。このような広告は「パートナーが販売する広告」と呼ばれます。広告を販売できるパートナーとしての資格を得るには、複数のプラットフォームにコンテンツを配信し、自社の動画に掲載する広告を販売するための企業インフラストラクチャ(営業部隊を含む)を持っている必要があります。

パートナーが販売する広告の場合、パートナーは広告主と直接連携して、所有するコンテンツに広告を掲載します。広告主はこのようなパートナーから広告枠を購入し、特定のコンテンツに広告が表示されるようにします。つまり、パートナーが販売する広告は、「ほとんどの広告主に適していない」と YouTube がみなした動画にも表示される可能性があります。そのため、広告主と直接提携するパートナーは、広告掲載に関する全責任を負うことになります。つまり、ブランドに適さないと広告主が考える可能性があるコンテンツに広告を掲載するリスクを、パートナーが全面的に負う必要があります。

パートナーは悲劇的な出来事を扱ったコンテンツに対して広告を販売できません。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。