ハイ ダイナミック レンジ(HDR)動画をアップロードする

YouTube ではハイ ダイナミック レンジ(HDR)の動画コンテンツをアップロードできます。HDR 動画では、標準的なデジタル動画よりも高コントラストで色彩豊かな映像を楽しむことができます。

HDR 動画は HDR 対応のモバイル デバイスやテレビで視聴できます。また、Chromecast Ultra を HDR 対応のテレビに接続して HDR 動画をストリーミングすることもできます。HDR で再生されているかどうかは、再生コントロールや画質メニューにおける 「HDR」表示の有無で確認できます。

HDR 非対応のデバイスでは、HDR 動画がスタンダード ダイナミック レンジ(SDR)動画として再生されます。

HDR 動画をアップロードする

YouTube で HDR 動画を正しく再生させるには、コーデックまたはコンテナに HDR メタデータを含める必要があります。メタデータを正しく記録する方法として最も確実なのは、対応アプリケーションからエクスポートすることです。

標準の HDR メタデータをエクスポートしないカラー グレーディングのワークフローを使用する場合は、YouTube HDR メタデータ ツールを使用して、動画に HDR メタデータを追加できます。このツールは HDR 伝達関数を使用してグレーディングした HDR 動画でのみ正しく動作します。

注: HDR 伝達関数を使用してグレーディングされた HDR 動画かどうか不明な動画をこのツールで処理すると、動画の映像にひどい歪みが生じます。タイトルで「HDR」とされていても、HDR 伝達関数でグレーディングされていない動画も多数あり、そうした動画はこのツールで処理することができません。コンテンツを HDR にグレーディングしていない場合や、動画のカラー グレーディングについてご存知でない場合は、YouTube HDR メタデータ ツールの使用をおすすめできません。

カラー グレーディングを行うときは、Rec. 2020 の色域で PQ 方式または HLG 方式によりグレーディングしてください。DCI P3 などの別の設定でグレーディングすると、動画が正しく生成されません。

動画に HDR メタデータを追加できたら、通常の動画をアップロードするときと同じ手順でアップロードします。HDR メタデータが検知されて処理が行われると、HDR 対応デバイス用の HDR トランスコードとその他のデバイス用の SDR ダウンコンバージョンが行われます。

注: 現在のところ、YouTube ウェブエディタで HDR 動画を編集することはできません。

HDR 動画の要件

YouTube ではすべての解像度がサポートされます。HDR 動画は必要に応じて SDR 動画に自動変換されます。

アップロードの要件

解像度 720p、1080p、1440p、2160p
最適な品質で再生されるようにするため、DCI 規格ではなく UHD 規格を使用してください(例: 4096x1716 ではなく 3840x1600 のアスペクト比にする)。
フレームレート 23.976、24、25、29.97、30、48、50、59.94、60 
色深度 10 または 12 ビット
色域 Rec. 2020
カラー マトリックス Rec. 2020 非定輝度
EOTF PQ または HLG(Rec. 2100)
映像ビットレート H.264 の場合は、アップロードする動画の推奨エンコード設定に沿って設定してください。
音声 アップロードする動画の推奨エンコード設定と同様

HDR 動画ファイルのエンコーディング

以下のコンテナとコーデックペアは動作確認済みです。HDR メタデータを含む他の高画質 10 ビット コーデックも動作する場合があります。

コンテナ エンコード
MOV / QuickTime

H.264 10 ビット

VP9 プロファイル 2

ProRes 422

ProRes 4444

DNxHR HQX

MP4

H.264 10 ビット

VP9 プロファイル 2

DNxHR HQX

MKV

H.264 10 ビット

VP9 プロファイル 2

ProRes 422

ProRes 4444

DNxHR HQX

HDR メタデータ

HDR 動画が処理されるには、正しい伝達関数(PQ または HLG)、色域(Rec. 2020)、マトリックス(Rec. 2020 非定輝度)が設定されていなければなりません。
PQ 方式信号を使用した HDR 動画の場合、マスタリングを行ったディスプレイについての情報(SMPTE ST 2086 マスタリング メタデータ)とコンテンツの明度についての情報(CEA 861-3 MaxFALL および MaxCLL)も含まれている必要があります。情報がない場合は、現時点で最も一般的に使用されている HDR マスタリング用ディスプレイであるソニー製 BVM-X300 の値が使用されます。

HDR オーサリング ツール

HDR 動画を YouTube にアップロードするのに使用できるツールをいくつか紹介します。

  • DaVinci Resolve
  • Adobe Premiere Pro
  • Adobe After Effects
  • Final Cut Pro X

よくある問題

色空間のマーキングが正しくない

映画では、HDR コンテンツを DCI P3 色空間で DCI(~D50)または D65 ホワイト ポイントでマスタリングするのが一般的です。この形式では家庭用電化製品に配信できません。マスタリングするときは、Rec. 2020 の色域を選択します(多くのアプリケーションでは、Rec. 2100 規格は Rec. 2020 色を意味します)。
よくある間違いとしては、P3 色空間でマスタリングした動画に Rec. 2020 色域を使用してタグ付けすることが挙げられます。この方法で処理すると、色飽和が起きて色相も変わってしまいます。

SDR コンバージョンの細かい制御

YouTube の自動 SDR ダウンコンバージョンを利用すると、簡単に高品質な動画を生成できます。ただし、変換が難しい映像の場合は動画の品質に問題が生じることもあります。あらゆる素材を高品質に変換できるよう、YouTube では自動 SDR ダウンコンバージョン機能の改善に努めております。
YouTube の SDR ダウンコンバージョンに対し、3 次元 LUT(参照テーブル)という形でヒントを提供することもできます。この LUT を作成する手順は次のとおりです。
  1. まず、カラー マネージメントを一切適用せずに HDR の配信映像をカラー グレーディング アプリケーションに読み込みます。
  2. マスタリング作業を行うディスプレイの色域を Rec. 709、伝達関数をガンマ 2.4 に設定します。
  3. Rec. 2020 + ST. 2084 を Rec. 709 に変換する既存の LUT を適用し、後続ノードで色域補正、カーブ、キーを調整して好みの映像になるようにします。
  4. HDR の配信映像と同じフォルダに、LUT を .cube 形式でエクスポートします。
  5. LUT と HDR 動画の両方を選択し、メタデータ ツールにドラッグ&ドロップします。

ツールにより BVM-X300 ディスプレイのメタデータが適用され、SDR ダウンコンバージョンにヒントを提供する LUT も盛り込まれます。

注: 現在のところ、SDR ダウンコンバージョンに対するヒント提供を空間的または時間的に制御することはできません。このため、ぼかしなどのコントロールに関するパワー ウィンドウやキーに加え、個々のショットに適用される調整も正常に機能しなくなります。

影にノイズが入る

PQ 方式(ST 2084)でマスタリングする場合、ほとんどの信号範囲は影の詳細部分を表現するために使われます。ProRes や DNxHR のような中間コーデックでは、画像範囲全体の詳細が保持されます。このため、ハイライトで視覚的に覆われているような暗い画像領域に多数のノイズが発生することがあります。
こうしたノイズの一部には、YouTube でストリーミング用のビットレートにするための処理を行った際に除去できるものもあります。また、アップロード用の動画をレンダリングする前にノイズを除去しておくことで、こうしたノイズの発生を防ぐことができます。ストリーミング中の動画が圧縮されすぎているように見える場合にも、ノイズを除去することでこの現象を緩和できます。
YouTube では、動画の品質を徹底して改善するため常に尽力しています。HDR 動画についても、より高品質な処理が行えるよう努めてまいります。
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。