動画検索でのハッシュタグの使用

動画のタイトルや説明でハッシュタグを使うと、視聴者はその特定のハッシュタグで検索して動画を見つけられるようになります。

 

ハッシュタグを使って動画を検索する

ハッシュタグを使うと、人気のトピックに関する動画を簡単に見つけることができます。ハッシュタグを使って動画を検索する方法は 2 通りあります。

  • YouTube でハッシュタグを検索します。
  • 動画のタイトル内やその上にあるハッシュタグ、または動画の説明欄にあるハッシュタグをクリックします。

そのハッシュタグが付いている動画が検索結果ページに表示されます。

動画にハッシュタグを追加する

動画をアップロードする手順に沿って操作し、動画のタイトルまたは説明の欄にハッシュタグ(#hashtag #example など)を入力します。

  • タイトルと説明欄にあるハッシュタグがハイパーリンクされます。
  • タイトルにハッシュタグがない場合、説明欄にある最初の 3 つのハッシュタグが動画タイトルの上に表示されます。

ユーザーは動画のタイトル内やその上にあるハッシュタグ、または動画の説明欄にあるハッシュタグをクリックしてハッシュタグの検索結果ページに移動し、関連動画を表示できます。

ハッシュタグの使用に関するポリシー

YouTube にアップロードされるすべてのコンテンツと同様、ハッシュタグもコミュニティ ガイドラインに準拠している必要があります。ハッシュタグを使用するときは次のポリシーを遵守してください。

  • スペースを入れない: ハッシュタグにスペースを挿入することはできません。ハッシュタグとして 2 つの語句を使いたい場合は語句を連結します(#TwoWords、#twowords など)。
  • 大量のタグ: 1 本の動画に対して大量のタグを登録しないでください。タグの数が多くなると、検索しているユーザーにとって関連性が低い動画が表示されるようになってしまいます。1 本の動画に 15 個を超えるハッシュタグを追加すると、その動画のすべてのハッシュタグが無視されます。タグの数が多すぎる場合、アップロード動画や検索結果から動画が削除されることがあります。
  • 誤解を招くコンテンツ: 動画と直接関係のないハッシュタグを追加しないでください。誤解を招くようなハッシュタグや無関係なハッシュタグは、動画が削除される原因となります。詳しくは、誤解を招くメタデータに関するポリシーについての記事、または紛らわしいメタデータに関する YouTube 動画をご覧ください。
  • 嫌がらせ: 個人や集団に対する嫌がらせ、侮辱、威嚇、情報漏えい、脅迫を目的としたハッシュタグを追加しないでください。このポリシーに違反すると動画が削除されます。詳しくは、嫌がらせやネットいじめに関するポリシーをご覧ください。
  • 悪意のある表現: 個人または集団に対する暴力や憎悪を助長するようなハッシュタグを追加しないでください。また、人種差別、性差別などの中傷を含むハッシュタグも使用できません。このポリシーに違反すると動画が削除されます。詳しくは、悪意のある表現に関するポリシーをご覧ください。
  • 性的なコンテンツ: 性的または露骨な内容のハッシュタグを追加すると、動画の削除につながります。YouTube では、性的コンテンツに含まれるヌードはもちろん、ヌードを含むコンテンツのほとんどを許可していません。詳しくは、性的なコンテンツに関するポリシーをご覧ください。
  • 下品な言葉: ハッシュタグで冒とく的な言葉や不適切な言葉を使用すると、動画の年齢制限や削除につながります。
  • ハッシュタグ以外のタグ: ハッシュタグの追加は許可されていますが、それ以外の通常の説明的なタグや何度も繰り返される文章を説明欄に入力することは、以前と同様に禁止されています。このポリシーに違反すると、動画の削除やペナルティの適用につながります。詳しくは、誤解を招くメタデータに関するポリシー
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。