検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー
true

推奨される解像度とアスペクト比

YouTube では、プラットフォームや動画形式によって異なる動画アスペクト比を使用します。

Android 端末向け YouTube アプリでは、アスペクト比 16:9 のプレーヤーを使用します。プレーヤーには自動的に黒い帯が追加され、動画はプレーヤー全体に適切に表示されます。

動画の表示され方

現時点では、16:9 以外のアスペクト比の動画をアップロードすると、動画の左右または上下に黒い帯が表示されます。YouTube では現在、iOS 端末向けアプリ同様、動画のサイズに合わせてプレーヤーのサイズが自動調節される機能を導入できるよう取り組んでおります。

以下の例をご覧ください。

  • 4:3 の動画には、左右に黒い帯が自動的に追加されます。
  • プレーヤーのサイズが 4:3 に変更された場合(別のウェブサイトに埋め込まれた場合など)は、16:9 の動画の上下に黒い帯が追加されます。
  • シネマスコープ サイズ(2.35:1)の動画の場合は、プレーヤーのサイズが 16:9 であっても 4:3 であっても動画の上下に黒い帯が自動的に追加されます。帯が自動的に追加されるようにするには、動画の元のアスペクト比が維持されている必要があります。

アップロードする前に自分で動画の上下に黒い帯を追加すると、ワイドスクリーン プレーヤー上では左右にも黒い帯が追加されます。その結果、動画が黒い帯に囲まれたようになり、快適に視聴できなくなってしまいます。

表示例

16:9 の動画を元のアスペクト比(推奨サイズ 1280x720)でアップロードすると...   動画は YouTube ワイドスクリーン プレーヤー(16:9)にぴったり収まります。
4:3 の動画を元のアスペクト比(推奨サイズ 640x480)でアップロードすると...   動画に左右に黒い帯が追加され、ワイドスクリーン プレーヤー内に正しいサイズとアスペクト比で表示されます。
4:3 のプレーヤーに合わせるために、動画の上下に余白を追加してからアップロードすると...   ワイドスクリーン プレーヤーでは、4:3 の動画サイズに合うよう自動的に左右に黒い帯が追加されるため、動画が枠で囲まれたようになってしまいます。

 

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
false