自動字幕起こし機能を使用する

字幕を追加すると、視聴者にとって親しみやすいコンテンツにすることができます。YouTube の音声認識技術を利用して自動的に動画の字幕を作成することもできます。ただし、こうした字幕は機械学習アルゴリズムによって自動生成されたものなので、品質にばらつきが出る可能性があります。

ビデオ・オン・デマンドでの自動字幕起こし機能

自動字幕起こし機能は、英語、オランダ語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、日本語、韓国語、ポルトガル語、ロシア語、スペイン語でご利用いただけます。

自動字幕起こしが機能する動画の場合は、自動的に字幕が公開されます。動画をアップロードしてすぐには自動字幕起こしの処理が完了していないことがあります。処理にかかる時間は動画の音声の複雑さによって異なります。

YouTube では常に音声認識技術の向上に努めていますが、間違った発音、アクセント、方言、雑音が原因で、自動字幕起こしでは動画の中で話されている内容を正しく表示できないことがあります。そのため、必ず自動字幕起こしの内容を確認し、正しく文字起こしされていない部分を編集するようにしてください。

自動字幕起こしの内容を確認して、必要に応じて変更を加える手順は次のとおりです。

  1. 画面右上のアカウント アイコン > [クリエイター ツール] > [動画の管理] > [動画] の順にクリックし、[動画の管理] に移動します。
  2. 字幕を追加する動画の [編集] ボタンの横にあるプルダウン メニューをクリックします。
  3. [字幕] を選択します。
  4. 自動字幕起こしを利用できる場合は、動画の右側の [公開済み] セクションに [言語(自動)] の項目が表示されます。
  5. 自動字幕起こしの内容を確認し、正しく文字起こしされていない部分があれば、編集または削除を行う手順に沿って修正します。
また、視聴者への字幕提供依頼を有効にすると、視聴者に字幕の作成と翻訳をしてもらうこともできます。

自動字幕起こしに関する問題のトラブルシューティング

自動字幕が生成されない場合、以下のような原因が考えられます。

  • 動画に含まれる複雑な音声の処理に時間がかかっているため、字幕がまだ完成していない
  • 動画で使用されている言語が自動字幕起こし機能でサポートされていない
  • 動画が長すぎる
  • 動画の音質が悪い、または YouTube で認識できない音声が使用されている
  • 動画の冒頭で無音状態が長く続いている
  • 複数の人が同時に話しており音声が重なっている

 

ライブ配信での動画自動字幕起こし機能

ライブ配信での自動字幕起こし機能は、英語のみに対応しています。

現在、ライブ配信での自動字幕起こし機能は、チャンネル登録者が 10,000 人以上で、通常の遅延を使用してライブ配信を行っていて、専門の字幕起こしを利用していない英語チャンネルに提供を進めています。クリエイターのかたには、まず専門の字幕起こしを設定することをおすすめしています。こちらから手順をご確認ください。

ライブ配信が終了すると、ライブ中の自動字幕起こしは残らず、VOD プロセスに基づいて自動字幕が生成されます。

ライブ配信中に視聴者にどのような字幕が表示されるかご確認ください。

ライブ配信での自動字幕起こし機能に関する問題のトラブルシューティング

ライブ配信で自動字幕が表示されない場合は、以下のような原因が考えられます。

  • ライブ配信での自動字幕起こし機能が該当のチャンネルで有効になっていない。YouTube では現在、チャンネル登録者 1 万人以上のチャンネルに、徐々にこの機能を提供しています。
  • チャンネルが超低遅延または低遅延でライブ配信をしている(モバイルのライブ配信など)。ライブ自動字幕起こしは、通常の遅延によるライブ配信にのみ対応しています。
  • 動画で使用されている言語が自動字幕起こし機能でサポートされていない。
  • 動画の音質が悪い、または YouTube で認識できない音声が使用されている。
  • 複数の人が同時に話しており音声が重なっている、または複数の言語が同時に話されている。
     
注: YouTube チャンネルのライブ配信で自動字幕起こしを無効にするには、クリエイター サポートチームにお問い合わせください。
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。