おすすめ動画と検索結果を管理する

YouTube、Google、Chrome でのアクティビティは、YouTube の検索結果や [ホーム] ページに表示されるおすすめ動画、アプリ内通知、関連動画に表示されるコンテンツに影響します。

表示されるおすすめ動画や検索結果を変えるには、いくつかの方法があります。具体的には、再生履歴から特定の動画を削除する、検索履歴から検索語句を削除する、再生履歴と検索履歴の記録を一時停止する、またはそれらの履歴を削除して新たに記録を開始するといった方法です。

再生履歴と検索履歴

  • 再生履歴から動画を個別に削除する: 興味のないテーマのおすすめ動画が表示される場合は、以前視聴した同じテーマの動画を削除することで類似の動画がおすすめされる頻度を下げることができます。
  • 検索履歴から検索語句を個別に削除する: 興味のないテーマのおすすめ動画が表示される場合は、以前入力した同じテーマの検索語句を削除することで類似の動画がおすすめされる頻度を下げることができます。
  • 履歴を一時停止する: 再生した動画や検索した内容がその後表示されるおすすめ動画や検索結果に影響しないようにするには、再生履歴または検索履歴を一時停止します。この方法は、個人的に興味のないテーマについて学校の研究課題で調査するときなどに便利です。終了したら必ず履歴を再開してください。
  • 履歴を削除する: 自分の興味と無関係の動画がおすすめされている場合は、再生履歴と検索履歴を削除します。おすすめの方法: 動画をもう一度見るために再生履歴を使っている場合は、そのような動画を再生リストや [後で見る] に追加しておけば後で簡単に見つけることができます。

[ホーム] のおすすめコンテンツを削除する

[ホーム] ページで [興味なし] を選択すると、おすすめのコンテンツを削除できます。おすすめのコンテンツを削除すると、その後 YouTube からおすすめされる動画が変更されます。

興味や関心が変わった場合や、[興味なし] の操作を最初からやり直したい場合は、[興味なし] のフィードバックをクリアできます。誤っておすすめを削除したときや、動画の好みが変わったときなどに便利です。

再生リストと高く評価した動画を管理する

おすすめ動画や検索結果は、高く評価した動画や作成した再生リストの影響も受けます。高く評価した動画を削除したり、再生リストを編集または削除したりすると、おすすめ動画や検索結果も変化します。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。