アートトラックを作成する

サウンド レコーディングのアートトラックを作成するには、録音物とアートワーク メディア ファイルの他に、録音物について説明したメタデータ ファイルをアップロードします。メタデータは次のいずれかのフォーマットで提供できます。

YouTube は、ユーザーがファイルで提供した値に基づいてアートトラックを作成します。作成されるアートトラックにメタデータの値がどのように影響するかについては以下の詳細をご覧ください。

YouTube は、YouTube ミュージックの DDEX フィードまたは [オーディオ - アートトラック] 一括アップロード スプレッドシートを使ってアップロードされたそれぞれのトラックに対して、1 つのアートトラックを作成します。トラックは、ISRC、リリース ID(UPC、EAN、GRid)、パートナーに基づいて識別されます。アートトラックは、これらのフィールドの一意の組み合わせごとに作成されます。

DDEX ファイルからアートトラックを作成する

次の表に、YouTube がトラック情報に使用する DDEX ファイルの要素を示します。Primary DDEX ソース列の要素がメッセージに存在しない場合、YouTube は Secondary DDEX ソース列の要素の値を使用します。アスタリスクの付いた項目は、アートトラックそのものではなく、アートトラックに関連付けられた説明に表示されます。

YouTube は地域ごとのメタデータにまだ対応していません。メッセージにトラックのメタデータ バージョンが複数含まれる場合は、メッセージの最初に表示されるバージョンのみが使用されます。

翻訳されたタイトルやアーティスト名が含まれる場合、翻訳は説明に記述される元の言語の横に表示され、アートトラックでは元の言語のみが使用されます。翻訳されたタイトルやアーティスト名の提供についての詳細をご覧ください。
情報 プライマリ DDEX ソース セカンダリ DDEX ソース
アルバムアート
<ResourceList>
   <Image>
   <ImageDetailsByTerritory>
     <TechnicalImageDetails>               
       <File>

リリースに複数の <Image> 要素が含まれる場合、アートトラックでは最初の要素が使用されます。
なし
トラックのタイトル
<SoundRecording>
  <SoundRecordingDetailsByTerritory>
   <Title TitleType=”DisplayTitle”>
<SoundRecording>
  <ReferenceTitle>
     <TitleText> および
     <SubTitle>(省略可能)
アーティスト
<SoundRecording>
  <SoundRecordingDetailsByTerritory>
    <DisplayArtist>
      <PartyName>
        <FullName>

トラックに複数の <DisplayArtist> が含まれる場合、アートトラックでは各アーティストがそれぞれの行に表示されます(4 行まで)。
<ResourceList>
  <DisplayArtist>
   <PartyName>
     <FullName>
アルバムのタイトル
<Release>
 <ReleaseType>Album</ReleaseType>
   <ReferenceTitle>
    <TitleText>
および <SubTitle>(省略可能)
<ReleaseDetailsByTerritory>
 <Title TitleType="DisplayTitle">
  <TitleText>
および <SubTitle>(省略可能)
著作権* <PLine>
トラックに <PLine> 要素が含まれない場合、アートトラックの説明にはアルバムの <PLine> 要素が使用されます。
<CLine>
トラックに <CLine> 要素が含まれない場合、アートトラックの説明にはアルバムの <CLine> 要素が使用されます。
リリース日* <ReleaseDetailsByTerritory> <OriginalReleaseDate> なし
貢献者*
<SoundRecording>
  <ResourceContributor>

アートトラックの説明には、1 人に 1 行を使用して貢献者をリストします。役割(<ResourceContributorRole> タグから)はカンマで区切ってリストし、続けて貢献者の名前を載せます。<ResourceContributor> に明確な SequenceNumber 属性が含まれていない限り、貢献者リストは役割ごとにアルファベット順に並べて表示されます。
なし
GRid と UPC
<Release>
 <ReleaseType>TrackRelease</ReleaseType>
   <ReleaseId>
    <Grid>
    <ICPN>

GRid と UPC をトラック リリースに提供すると、これらの ID はアートトラック アセットの属性として保存されます。アートトラック自体には表示されません。
なし
パートナー固有の ID
<SoundRecording>
 <SoundRecordingId>
   <ProprietaryId>

ProprietaryId をサウンド レコーディングに提供すると、この ID はアートトラック アセットの custom_id として保存されます。アートトラック自体には表示されません。
なし
[音声 - アートトラック] スプレッドシートでアートトラックを作成する

次の表に、YouTube がトラック情報に使用するスプレッドシートの列を示します。アスタリスクの付いた項目は、アートトラックそのものではなく、アートトラックに関連付けられた説明に表示されます。

翻訳したタイトルやアーティスト名または貢献者のリストはスプレッドシートを使用して提供できません。これらの項目を含めるには、DDEX フィードを提供する必要があります。
情報 スプレッドシートの列
アルバムアート album_art_filename
トラックのタイトル track_title
アーティスト track_artist
アルバムのタイトル album_title
著作権* track_pline
トラックに track_pline が含まれない場合、アートトラックの説明には album_label が使用されます。
リリース日* album_release_date
GRid、EAN、UPC GRid、EAN、UPC をトラック リリースに提供すると、これらの ID はアートトラック アセットの属性として保存されます。アートトラック自体には表示されません。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。