検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

動画上の広告の表示方法の管理

再生する動画に広告が表示される仕組み

動画を再生するときに表示される広告は、ユーザーの興味や関心、Google の広告設定、視聴した動画、ログインしているかどうかなどに応じてカスタマイズされて表示されます。

ログインしている場合、次のような匿名の要素によって表示する広告が決定されます。

  • 視聴した動画のタイプ
  • 端末上のアプリと、アプリの使用状況
  • アクセスしたウェブサイト
  • モバイル端末に関連付けられた匿名の ID
  • Google 広告や広告関連のサービスに対して行った操作の履歴
  • 地理的な所在地
  • 年齢層
  • 性別
  • YouTube の動画操作

ログインしているかどうかにかかわらず、どのような広告が表示されるかは視聴した動画のコンテンツに基づいて決まります。

広告のプライバシー設定を管理する

配信される広告は、Google アカウントの [広告設定] に基づいて、端末をまたいで管理することができます。また、YouTube の再生履歴を表示、削除、一時停止することもできます。

収益化している動画に広告が表示される仕組み

収益受け取りを有効にしている YouTube 動画には、AdSense オークション経由で販売された広告の他、DoubleClick(DCLK)やその他の YouTube の販売ソースで予約販売された広告が表示されます。詳しくは、動画の収益受け取りYouTube 広告フォーマットをご覧ください。

YouTube では、動画ページに最もふさわしい広告を表示するために、コンテンツのターゲット設定アルゴリズムの定期的な監視と更新を行っています。YouTube は動画に表示される広告を手動で制御していません。また、特定の広告を表示することはできません。

動画に表示される AdSense 広告は、動画に関連するコンテキスト要素を基に、自動で決定されます。このコンテキスト要素の一例として、動画のメタデータや、コンテンツが広告主に適したものであるかどうか、などがあります。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
クリエイター向けの情報

チャンネルの作成やコミュニティでの交流に役立つクリエイター向けの情報をチェックしましょう。