エンゲージメント指標のカウント方法

YouTube エンゲージメント指標(視聴回数、高評価、低評価、チャンネル登録者数)には、視聴者が動画やチャンネルに反応した数が反映されます。動画やチャンネルの人気を知るうえで重要な指標となります。

YouTube では、指標の精度を高く保つため、コンピュータ プログラムではなく実際に人間が行った操作が反映されるようにしています。そのため、YouTube のシステムが適正な視聴回数、高評価、低評価、チャンネル登録者数を把握するまでに時間がかかります。

注: 動画が公開されてから最初の数時間は、指標がシステムに反映されるまでに時間がかかる場合があります。

指標の変動

適正なエンゲージメントのイベントがカウントされると、指標がより頻繁に更新されるようになります。これらの変動のタイミングは、動画またはチャンネルの人気度や視聴状況によって異なります。なお、YouTube はエンゲージメントのイベントを常に確認して調整しています。

一部の動画やチャンネルでは、指標のカウントが停止している、または予想される指標が反映されていないように見えることがあります。指標は、コンテンツのクリエイター、広告主、視聴者に対して公正で有益な情報が常に表示されるよう、アルゴリズムで確認されています。YouTube では指標の精度を検証するため、指標のカウントに一時的な遅延、停止、変動が生じたり、無効な再生が除外されたりする場合があります。

: 複数のデバイスを使用して同じ動画を視聴することや、複数のウィンドウやタブで同じ動画をストリーミングすることは、無効な再生と見なされます。

有料広告の視聴

動画が YouTube の広告として使用されている場合、広告の視聴を動画の視聴回数としてカウントすることがあります。動画の視聴回数としてカウントされるのは、有料広告の視聴は視聴者が動画に関心があることを示しているためです。

  • TrueView インストリーム動画広告: 次の場合に、有料広告の視聴が視聴回数としてカウントされます。
    • ユーザーが 11~30 秒の長さの広告をすべて視聴した
    • ユーザーが 30 秒を超える広告を少なくとも 30 秒間視聴した
    • ユーザーが広告に対してなんらかの操作を行った
  • TrueView ディスカバリー広告: ユーザーが広告をクリックして動画が再生されると、有料広告の視聴が視聴回数としてカウントされます。

YouTube アナリティクスで視聴回数を確認する

自分がアップロードした動画の場合は、YouTube アナリティクスを使用すると視聴回数をより詳細に確認できます。なお、リアルタイム統計に表示されるのは、発生した可能性がある視聴アクティビティの推定値であり、動画再生ページの視聴回数とは一致しない場合があります。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。