ライブ配信のエラー メッセージ

YouTube に送信するストリームのエラーは、ライブ ダッシュボードとライブ管理画面でチェックできます。エラーが発生すると、ライブ管理画面の上部にある状態インジケータの横に表示されます。

各エラーの横には、発生時刻を示すタイムスタンプが表示されます。これは、エラーが修正されるまでポップアップ表示され続けます。赤色は重大なエラーであり、イベントを開始できなかったり、ユーザー側で問題が発生したりする可能性があります。黄色は中程度のエラーであり、イベントの品質が低下することがあります。

以下はすべてのエラーの一覧です。

ストリーム形式が正しくありません

エンコーダが、H.264(動画)と AAC(音声)以外に設定されています。ストリームが正しく取り込まれるよう、動画は H.264 に、音声は AAC に設定し直してください。

  • 動画のコンテナ形式を変更してください。現在のコンテナ形式はこの設定に適合していません。
  • 音声ストリームが、サポートされていないコーデックでエンコードされています。ストリームの音声コーデックを、サポートされているコーデック(AAC、MP3)に設定してください。
  • ストリームの動画コーデックを H.264 に設定してください。動画が誤ったコーデックでエンコードされています。
  • ストリームの動画コーデック プロファイルを修正してください。誤ったコーデック プロファイルで動画がエンコードされています。

ビットレートが正しくありません

可変解像度のエントリ ポイントを使用しない場合は、[取り込み設定] ページで選択した解像度に対して適切なビットレートを使用する必要があります。選択した解像度に対して十分な帯域幅を確保できない場合は、解像度を低くすることを検討してください。解像度とビットレートの適切な組み合わせについては、エンコーダの設定をご覧ください。また、各エラー メッセージのガイダンスに従って、動画のコード変換と配信が適切に行われるようにしてください。

  • 音声ストリームのビットレートは 128 Kbps にすることをおすすめします。音声ストリームの現在のビットレートは推奨値より高くなっています。
  • 音声ストリームのビットレートは 128 Kbps にすることをおすすめします。音声ストリームの現在のビットレートは推奨値より低くなっています。
  • ストリームの音声のサンプルレートを 44.1 KHz に修正してください。現在のサンプルレートは正しくありません。
  • ストリームのビットレートは X にすることをおすすめします。ストリームの現在のビットレートは推奨値より高くなっています。
  • ストリームのビットレートは X にすることをおすすめします。ストリームの現在のビットレートは推奨値より低くなっています。

音声設定が正しくありません

エンコーダから送信される音声設定が正しくありません。このエラー メッセージの★ガイダンスを使用して、音声が適切に配信されるようにしてください。

  • 音声ストリームを指定してください。取り込みストリームに音声ストリームが含まれていません。
    • エンコーダから音声が送信されていません(一部のエンコーダでは、チェックボックスを使用して音声を有効にする必要があります)。★YouTube のパイプラインは、すべての動画で音声を必要とします。
  • 音声ストリームは 1 つだけ指定してください。取り込みストリームに複数の音声ストリームが含まれています。
    • 複数の音声ストリームが存在すると、取り込みが失敗します。音声ストリームを複数にしたい場合(複数言語で音声を流したい場合など)は、マルチカメラ イベントの実施を検討してください。
  • 音声チャンネルの数を修正してください。音声チャンネルが 2 つ以上あります。サポートされているチャンネル数は 1 つ(モノラル)または 2 つ(ステレオ)のみです。

動画の設定が正しくありません

エンコーダから送信されている動画設定が正しくありません。各エラー メッセージのガイダンスに従って、動画が適切に配信されるようにしてください。

  • 動画ストリームを 1 つ指定してください。取り込みストリームに動画ストリームが含まれていません。
  • 動画ストリームは 1 つだけ指定してください。取り込みストリームに複数の動画ストリームが含まれています。
  • 現在の動画はインターレース化されていますが、インターレース方式の動画はサポートされていません。
    • 必ずプログレッシブ方式の動画を使用してください。プログレッシブ方式以外の動画にはアーティファクトが表示され、画質が大幅に低下します。
  • 現在のフレームレートは高すぎます。フレームレートは X fps 以下に設定してください。
    • フレームレートとキーフレーム間隔は連動していることに注意してください。フレームレートを調整する場合はキーフレーム間隔も調整し、キーフレームが 2 秒に 1 回配信されるようにする必要があります。

動画のキーフレーム間隔が正しくありません

エンコーダからキーフレームが送信される間隔が適切ではありません。キーフレームが 2 秒に 1 回送信されるように調整してください。30 fps の場合は 60 フレームごとに 1 回です。

  • 4 秒以下のキーフレーム間隔を使用してください。現在、キーフレーム間隔が長すぎるためバッファリングが発生する可能性があります。現在のキーフレーム間隔は X 秒です。取り込みエラーが発生すると、誤った GOP(Group of Pictures)サイズになってしまう可能性があります。
  • GOP(Group of Pictures)サイズが非常に小さいため、画像の品質が低下する可能性があります。推奨されるキーフレーム間隔は 4 秒です。現在のキーフレーム間隔は X 秒です。取り込みエラーが発生すると、誤った GOP サイズになってしまう可能性があります。
    • 一部のエンコーダでは、「GOP」をオープン(可変)またはクローズド(固定)に調整できます。YouTube のパイプラインで最適なコード変換を行うには、クローズド GOP にする必要があります。

動画のサイズ(解像度)が正しくありません

動画の高さと幅は、[取り込み設定] ページで選択した解像度に合わせる必要があります。各解像度の正しいサイズは、エンコーダの設定に「幅 x 高さ」の形式で記載されています。

  • 動画の解像度を確認してください。現在の解像度は X ですが、これは最適な解像度ではありません。
  • 動画の解像度を変更する必要があります。現在の解像度は X ですが、この設定ではサポートされていません。正しい動画の解像度は X です。

メイン ストリームと代替ストリームが一致していません

フェイルオーバーが正しく行われるようにするには、メイン ストリームと代替ストリームの設定をまったく同じ設定にする必要があります。各エラー メッセージのガイダンスに従って、メイン ストリームと代替ストリームを一致させてください。

  • 動画のメイン ストリームと代替ストリームに同じ解像度を設定してください。現在の設定では、これらのストリームの解像度が異なっています。
  • 動画のメイン ストリームと代替ストリームに同じ動画コーデックを設定してください。現在の設定では、これらのストリームの動画コーデックが異なっています。
  • 動画のメイン ストリームと代替ストリームに同じインターレース方式を設定してください。現在の設定では、これらのストリームのインターレース方式が異なっています。
  • 動画のメイン ストリームと代替ストリームに同じプロファイルを設定してください。現在の設定では、これらのストリームのプロファイルが異なっています。
  • 動画のメイン ストリームと代替ストリームに同じビットレートを設定してください。現在の設定では、これらのストリームのビットレートが異なっています。
  • 動画のメイン ストリームと代替ストリームに同じフレームレートを設定してください。現在の設定では、これらのストリームのフレームレートが異なっています。
  • 動画のメイン ストリームと代替ストリームに同じキーフレーム間隔を設定してください。現在の設定では、これらのストリームのキーフレーム間隔が異なっています。
  • 動画のメイン ストリームと代替ストリームに同じ音声サンプルレートを設定してください。現在の設定では、これらのストリームの音声サンプルレートが異なっています。
  • 現在の設定では、動画のメイン ストリームと代替ストリームの音声チャンネルが異なっています。これらのストリームに同じ音声チャンネルを設定する必要があります。
  • 動画のメイン ストリームと代替ストリームに同じ音声コーデックを設定してください。現在の設定では、これらのストリームの音声コーデックが異なっています。
  • メイン ストリームと代替ストリームをどちらも正しく設定してください。いずれかのストリームの設定が無効なため、ストリームの比較に失敗しました。
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。