プライバシーの保護

ユーザーの皆さんに YouTube を安心してご利用いただくため、プライバシーを侵害している、または危険を感じるような動画やコメントをサイト上で見つけた場合は、ぜひお知らせください。

他のユーザーが同意なくお客様の個人情報を投稿したり、お客様の動画をアップロードしたりした場合は、そのユーザーに連絡してコンテンツの削除をご依頼ください。アップロードしたユーザーと合意できない場合や直接連絡したくない場合は、プライバシー ガイドラインに従ってコンテンツの削除をリクエストできます。

コンテンツを削除する基準

YouTube のプライバシー侵害の申し立て手続きと申し立ての審査時に考慮される要素について詳しくは、プライバシー ガイドラインをご覧ください。

コンテンツが削除の対象として考慮されるためには、問題のコンテンツにおいて個人がはっきり特定できることが必要です。プライバシー侵害の申し立て手続きを使用する場合は、お客様を特定できるような情報がコンテンツに含まれていることを事前にご確認ください。YouTube では、個人の特定が可能かどうかを判断する際に以下の点を検討します。

  • 画像や音声
  • 氏名
  • 財務情報
  • 連絡先情報
  • その他の個人情報

プライバシー侵害の申し立てが報告された場合、YouTube は公益性、ニュースバリュー、コンセンサスを最終決定要因として考慮します。

YouTube でのプライバシー保護に関するワンポイント:

  • 個人情報はよく考えてから投稿してください。 個人情報には、住んでいる地域、通っている学校、住所なども含まれます。
  • アカウント データを保護し、パスワードを他のユーザーと共有しないでください。 YouTube の担当者がパスワードについてお尋ねすることはありません。誰かが YouTube 社員を装って問い合わせてきても、だまされることのないようご注意ください。
  • 事前に許可を得てください。 他人を撮影する際や、他人の個人情報を投稿する際は、事前に許可を得る必要があります。
  • プライバシーとセキュリティの設定ページで、自分のコンテンツや利用方法を管理できるツールの一覧をご覧ください。
  • Google アカウントのセキュリティを保護するためのおすすめの方法をご覧ください
  • Google アカウントのセキュリティを強化するために 2 段階認証プロセスでアカウントを保護してください。
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。