通知

@TeamYouTubeツイッターアカウントから最新情報をツイートしています。日本語でのお問い合わせも受け付けています。

Content ID の仕組み

著作権者によっては、Content ID(YouTube の自動コンテンツ識別システム)を使用して、著作権で保護されたコンテンツを YouTube 上で簡単に識別、管理できることがあります。

Content ID の役割

Content ID は、著作権の所有者から送信された音声ファイルと映像ファイルのデータベースを使用して、著作権で保護されたコンテンツと一致するものを特定します。動画が YouTube にアップロードされると、Content ID によって自動的にスキャンされます。

Content ID による一致が見つかると、一致する動画は Content ID の申し立てを受けます。Content ID の申し立てを受けた場合、著作権者の Content ID の設定に応じて、次のいずれかの対応が行われます。

  • 動画を視聴できないようにブロックする
  • 動画に広告を掲載して動画を収益化し、場合によってはアップロードしたユーザーと収益を分配する
  • 動画の視聴者に関する統計情報をトラッキングする

なお、これらの対応は特定の地域に限られる場合があります。たとえば、ある国や地域では動画を収益化の対象にして、別の国や地域では同じ動画をブロックまたはトラッキングできます。

Content ID の利用者

Content ID は、一定の基準を満たす著作権者が利用できます。著作権者が承認を受けるには、YouTube に頻繁にアップロードされる大量コンテンツの独占的権利所有者である必要があります。

YouTube は、Content ID の使用方法についても明確なガイドラインを定めています。これらのガイドラインが守られていることを確認するために、Content ID の使用と異議申し立ては継続的にモニタリングされています。

誤った Content ID の申し立てを繰り返す著作権者に対しては、Content ID へのアクセスを無効にしたり、YouTube とのパートナー関係を解消したりすることがあります。

ご自身のコンテンツが Content ID の 基準 を満たしていると思われる著作権者の方は、まずこちらのフォーム に記入し、著作権の管理に関するご要望を お聞かせください。

関連トピック

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
12209239748723920782