Content ID の仕組み

著作権者は Content ID というシステムを利用することで、YouTube 上の自分のコンテンツを簡単に特定して管理できます。YouTube にアップロードされた動画は、コンテンツ所有者が提出したファイルのデータベースと照合され、スキャンされます。

著作権者は、動画に含まれるコンテンツと自分の作品が一致した場合にどのような対処をするか決定できます。この際、該当の動画に対しては Content ID に関する申し立てが行われます。

Content ID に関するよくある質問

著作権者はどのようなオプションを選択できるのですか?

著作権者は、自分の Content ID と一致するコンテンツにどのような対応策をとるか選択することができます。

  • 閲覧できないよう動画全体をブロックする
  • 動画に広告を表示させて動画を収益化し、場合によってはアップロードしたユーザーと収益を分配する
  • その動画の再生に関する統計情報を追跡する

上記の対応策は国別に設定できます。つまり、ある国では動画を収益化し、別の国ではブロックまたは追跡することもできます。

Content ID の利用資格

YouTube は、一定の基準を満たす著作権者のみに Content ID の利用資格を付与しています。著作権者が承認を受けるには、YouTube ユーザー コミュニティによって頻繁にアップロードされるような大量コンテンツの独占的権利所有者である必要があります。

また、YouTube は Content ID の使用方法について明確なガイドラインを定めています。YouTube は Content ID の使用と異議申し立てを継続的に監視し、これらのガイドラインが守られていることを確認しています。

誤った申し立てを繰り返すコンテンツ所有者に対しては、Content ID へのアクセスを無効にしたり、YouTube とのパートナー関係を解消したりすることがあります。

ご自身のコンテンツが基準を満たしていると思われるコンテンツ所有者の方は、Content ID の利用をお申し込みいただけます。

関連トピック
クリエイター アカデミーで、著作権をまとめて管理する Content ID の仕組みをご紹介しています。ぜひご覧ください。
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。