制限付きモードをオンまたはオフにする

制限付きモードとは、自分が見たくない、また自分のデバイスを使用する他のユーザーに見せたくない成人向けコンテンツを含む可能性のある動画が表示されないようにするための YouTube のオプション設定です。

制限付きモードをオンまたはオフにする

  1. プロフィール写真 をクリックします。

  2. [制限付きモード] をクリックします。

  3. 表示されるダイアログ ボックスで、制限付きモードのオンとオフを切り替えます。

制限付きモードを無効にできない場合

図書館や大学などの公共施設にあるパソコンは、システム管理者が制限付きモードを有効にしている場合があります。ユーザー名とパスワードを入力しても制限付きモードがオンのままになる場合は、システム管理者に詳細をお問い合わせください。

システム管理者は、制限付きモードを有効にしない「グループ」を作成することもできます。詳しくは YouTube の設定の管理方法をご覧ください。

家族の制限モードを管理する

ファミリー リンク アプリを使用している保護者は、アプリの設定からお子様のアカウントで制限付きモードをオンにできます。ファミリー リンクを使用してお子様のアカウントで制限付きモードをオンにした場合、お子様がログインしているデバイスでお子様が制限付きモードの設定を変更することはできません。

制限付きモードに関する詳細情報

YouTube では、動画のタイトル、説明、メタデータ、コミュニティ ガイドラインによる審査、年齢制限などのさまざまな情報を基に、成人向けの可能性があるコンテンツを特定し除外しています。制限付きモードはすべての言語で利用できますが、文化的相違によって制限付きモードの精度は言語ごとに異なる場合があります。制限付きモードが有効になっている場合、視聴する動画にコメントが表示されなくなります。

制限付きモードはブラウザまたはデバイスごとに適用されるため、使用する各ブラウザで有効にしておく必要があります。複数のプロフィールをサポートするブラウザでは、プロフィールごとに有効にする必要があります。

 

 

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。