制限付きモードを有効または無効にする

準備: 制限付きモードは特定のブラウザや端末に対して有効になるため、使用するブラウザごとに有効にしておく必要があります。複数のプロフィールをサポートするブラウザでは、プロフィールごとに有効にする必要があります。

これらの手順を行うことができない場合は、旧バージョンの YouTube をお使いになっている可能性があります。新しいバージョンのブラウザをお使いの場合は、最新バージョンの YouTube にアップデートしてください。

制限付きモードをオンまたはオフにする

  1. アカウント アイコン に移動します。

  2. [制限付きモード] をクリックします。

  3. 表示されるダイアログ ボックスで、制限付きモードのオンとオフを切り替えます。

制限付きモードをオフにしようとしてもオンのままになる

ユーザー名とパスワードを入力しても制限付きモードがオンのままになる場合は、システム管理者に詳細をお問い合わせください。

制限付きモードは、自分が見たくない、または家族に見せたくない成人向けの可能性のあるコンテンツが表示されないようにするためのオプション設定です。

YouTube では、動画のタイトル、説明、メタデータ、コミュニティ ガイドラインによる審査、年齢制限などのさまざまな情報を使用して成人向けの可能性のあるコンテンツを特定し除外しています。制限付きモードはすべての言語で利用できますが、各国の文化的背景や社会通念などによって制限付きモードの精度は言語ごとに異なる場合があります。

制限付きモードが有効になっている場合、視聴する動画にコメントが表示されなくなります。

制限付きモードをオンまたはオフにする

図書館や大学、その他の公共施設にあるパソコンは、システム管理者が制限付きモードを有効にしている可能性があります。公共のパソコンを利用しているときに制限付きモードを無効にできない場合は、システム管理者にご相談ください。
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。