アップロードする動画におすすめのエンコード設定

YouTube にアップロードする動画におすすめのエンコード設定は次のとおりです。

コンテナ: MP4
  • 編集リストは含めません(編集リストがあると、動画が正しく処理されないことがあります)
  • ファイルの先頭に moov atom(ムーブアトム)を含めます(ファスト スタート)
音声コーデック: AAC-LC
  • チャンネル: ステレオまたはステレオ + 5.1
  • サンプルレート: 96 khz または 48 khz
動画コーデック: H.264
  • プログレッシブ スキャン(インターレースは不可)
  • ハイ プロファイル
  • 2 連続 B フレーム
  • クローズド GOP(フレームレートが半分の GOP)
  • CABAC
  • 可変ビットレート。ビットレートの上限はありませんが、下記の推奨ビットレートを参考にしてください。
  • クロマ サブサンプリング: 4:2:0
フレームレート

コンテンツは、記録したときと同じフレームレートでエンコードしてアップロードする必要があります。

一般的なフレームレートは 24、25、30、48、50、60 fps(1 秒あたりのフレーム数)ですが、それ以外のフレームレートも使用できます。

インターレース方式のコンテンツは、アップロードする前にインターレースを解除する必要があります。たとえば 1080i60 のコンテンツの場合、アップロードする前にインターレースを解除して 1080p30 に変換する必要があります。つまり、1 秒あたりのフィールド数が 60 のインターレース方式を 1 秒あたりのフレーム数が 30 のプログレッシブ方式に変換します。

ビットレート

アップロードする動画の推奨ビットレートは次のとおりです。なお、音声の再生ビットレートと動画の解像度に関連性はありません。

SDR 動画をアップロードする際におすすめの映像ビットレート

新たにアップロードした 4K 動画を 4K で表示するには、VP9 に対応したブラウザまたは端末を使用します。

タイプ 映像ビットレート、標準フレームレート
(24、25、30)
映像ビットレート、高フレームレート
(48、50、60)
2160p(4k) 35~45 Mbps 53~68 Mbps
1440p(2k) 16 Mbps 24 Mbps
1080p 8 Mbps 12 Mbps
720p 5 Mbps 7.5 Mbps
480p 2.5 Mbps 4 Mbps
360p 1 Mbps 1.5 Mbps

HDR 動画をアップロードする際の推奨映像ビットレート

タイプ 映像ビットレート、標準フレームレート
(24、25、30)
映像ビットレート、高フレームレート
(48、50、60)
2160p(4k) 44〜56 Mbps 66〜85 Mbps
1440p(2k) 20 Mbps 30 Mbps
1080p 10 Mbps 15 Mbps
720p 6.5 Mbps 9.5 Mbps
480p

サポート対象外

サポート対象外
360p サポート対象外 サポート対象外

アップロードする動画の推奨音声ビットレート

タイプ 音声ビットレート
モノラル 128 kbps
ステレオ 384 kbps
5.1 512 kbps
解像度とアスペクト比

パソコン上での YouTube の標準アスペクト比は 16:9 です。それ以外のアスペクト比(縦向き、正方形など)の動画では、動画のサイズに合わせてプレーヤーのサイズが自動調整され、アスペクト比やデバイスに応じて最適化された視聴体験を提供します。

適切な解像度とアスペクト比を使用する方法をご覧ください。

色空間

SDR 動画をアップロードする際におすすめの色空間

YouTube では、SDR 動画をアップロードする際に標準の色空間として BT.709 を推奨しています。
色空間 色の伝達特性(TRC) 色域 カラー マトリックス係数
BT.709 BT.709(H.273 値: 1) BT.709(H.273 値 1) BT.709(H.273 値 1)


YouTube は、機能的に類似のカラー マトリックスと色域を動画の処理前に標準化します。たとえば BT.601 と BT.709 の TRC は同一のため、これらは BT.709 に統一されます。もしくは、BT.601 の NTSC と PAL は機能的に類似のカラー マトリックスなので、これらは BT.601 の NTSC に統一されます。さらに、YouTube は色空間の値を把握する際に以下の操作を行います。

条件 YouTube の操作
アップロード動画の色空間に未指定の TRC が含まれている。 BT.709 の TRC と見なします。
アップロード動画の色空間に不明または未指定のカラー マトリックスおよび色域が含まれている。 BT.709 のカラー マトリックスおよび色域と見なします。
アップロード動画の色空間に BT.601 および BT.709 の指定値を含む色域とカラー マトリックスが混ざっている。 カラー マトリックスを使用して色域を上書きし、これらを統一します。
アップロード動画の色空間に BT.601 および BT.709 の色域とカラー マトリックスが混ざり、色域とカラー マトリックスのいずれかの値が指定されていない。 色域、またはカラー マトリックスの指定値を使って未指定の値を設定して上書きします。


アップロード動画の色空間を標準化した後、YouTube は色空間が BT.709 または BT.601 に一致するかどうかを確認します。一致する場合、色空間はそのまま通過となります。一致しない場合、ピクセル値をマッピングしてサポートされていない色空間を BT.709 に変換します。

: BT.2020 といった高ビット深度が必要となる色域(サポートされた HDR 伝達関数を使用していない)は、バンディングが発生しないよう BT.709(8 ビット)に変換されます。YouTube はフルカラーの範囲を制限された色範囲に変換します。
注意: YouTube はアップロード動画に RGB カラー マトリックスを推奨していません。RGB カラー マトリックスを使う場合、最初にカラー マトリックスを未指定に設定してから標準化が実行されます。その後、標準化の作業中に色域を使用してカラー マトリックスを推定します。なお、sRGB の TRC は BT.709 の TRC に変換されます。色域、カラー マトリックス、TRC が FFmpeg の色空間変換フィルタでサポートされていない場合、YouTube は BT.709 に設定し直します。

HDR 動画をアップロードする際に推奨される色空間

HDR 動画をアップロードする」の記事をご覧ください。

空間音声360° 動画バーチャル リアリティ動画を使用して、現実の世界と同じように動画内の音声があらゆる方向から聞こえてくるようにする方法をご覧ください。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。