プライバシー侵害の申し立て手続き

YouTube には、動画の共有や他のユーザーとのつながりを求めて、毎日多数の人々がアクセスしています。YouTube を安心してご利用いただくため、サイト上の動画またはコメントによってご自身のプライバシーまたは安全性が侵害されている場合や、知らないうちにプライベートまたはデリケートな状況が撮影されていた場合はお知らせください。

YouTube のコンテンツで自分が取り上げられていれば、それがどのようなものであっても不快に感じる可能性はあります。このため Google では、プライバシー侵害の申し立てを支援する手続きを設けました。プライバシー侵害の申し立てをされる場合は、まず申し立ての対象となるコンテンツでお客様個人を明確に特定できることをご確認ください。

自分が作成した動画、もしくは所有しているコンテンツを誰かにコピーされた場合は、著作権侵害の申し立てを行うことをおすすめします。コンテンツが YouTube コミュニティ ガイドラインに違反していると思われる場合は、不適切なコンテンツを報告する方法をご確認ください。

身の危険を感じる場合は、最寄りの警察にご相談ください。

続行
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。