@TeamYouTubeツイッターアカウントから最新情報をツイートしています。日本語でのお問い合わせも受け付けています。

YouTube の学校用アカウントに関する変更点

Google Workspace for Education アカウントは、学校から付与されたメールアドレスです。このタイプのアカウントでは、学校側の管理者が YouTube などの Google サービスへのアクセスを管理しています。

以下は 9 月 1 日より数週間をかけて徐々に適用されていく変更点ですが、学校側の管理者がユーザーを 18 歳未満であると設定した場合、そのユーザーは学校用アカウントに関連付けられている YouTube チャンネルを見ることができなくなります。また、そのチャンネルに新しい動画をアップロードすることもできなくなります。今後は、18 歳未満の学生に自動的に適用される、学校用の新しい限定バージョンの YouTube が表示されるようになります。この変更は学校用アカウントで YouTube を利用する場合にのみ影響します。ユーザーの個人用アカウントでログインしている場合は、YouTube で視聴できるコンテンツや可能な操作について変更はありません。

18 歳未満のユーザーのアカウントに対する制限

ユーザーが初等または中等の教育機関に在学中で、学校側の管理者がユーザーを 18 歳未満であると設定した場合、Google Workspace for Education アカウントでログインすると、YouTube のコンテンツと機能に制限が設けられます。

以下は、利用できなくなる機能の一部です。

視聴

  • ライブ配信動画

エンゲージメント

  • 通知(アクティビティのハイライトを案内するカスタマイズされた通知を除く)
  • コメント
  • チャット
  • 作成
  • チャンネル
  • ライブ配信
  • 投稿
  • 公開と限定公開の再生リスト
  • ストーリー
  • YouTube ショート
  • 動画のアップロード

購入

  • チャンネル メンバーシップ
  • クリエイターのグッズ
  • 寄付(YouTube ギビング)
  • 映画とテレビ番組
  • Super Chat と Super Stickers

YouTube アプリ

  • YouTube Go
  • YouTube Music
  • YouTube Studio
  • YouTube TV
  • YouTube VR

その他

  • テレビへのキャスト
  • 接続済みゲーム アカウント
  • シークレット モード
  • パーソナライズド広告
  • 制限付きモード

動画とコンテンツをダウンロードして保存する

ユーザーが 18 歳以上の場合: 

  • 学校側の管理者に連絡し、
    • アカウントの年齢設定を 18 歳以上に変更するよう依頼してください。
  • 管理者によって設定が変更されたら、
    • YouTube にログインします。
    • チャンネルの作成ページに移動してワークフローを完了します。ご自身のアカウントが表示され、引き続き学校用アカウントで YouTube チャンネルに動画をアップロードできるようになります。

ユーザーが 18 歳未満の場合:

  • Google データ エクスポートを使用して、YouTube で作成した動画やその他のデータ(コメントや検索履歴など)をダウンロード、保存できます。
    • アカウントが作成されたのが 2021 年 9 月より前であれば、2022 年 6 月までは Google データ エクスポートを使用してデータをダウンロードできます。
    • アカウントが作成されたのが 2021 年 9 月以降の場合は、学校側の管理者がユーザーを 18 歳未満と設定した時点から 60 日間データをダウンロードできます。
    • 注: Google データ エクスポートは、学校側の管理者がアカウントに対して有効にした場合に限り利用できます。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
59
false