@TeamYouTubeツイッターアカウントから最新情報をツイートしています。日本語でのお問い合わせも受け付けています。

申し立てを行った動画の確認と管理を行う

アセットの参照ファイルと一致する動画が Content ID によって検出されると、申し立てが作成されます。申し立てを行った動画とは、申し立てが 1 つ以上含まれる動画を指します。

申し立てを行った動画を確認する

  1. Studio コンテンツ マネージャにログインします。
  2. 左側のメニューで [申し立てた動画] を選択します。
  3. 申し立てを行った動画のリストをフィルタするには、上部のフィルタバー をクリックしてフィルタを選択します。選択可能なフィルタを以下に示します。
    • 申し立て ID
    • 申し立てのステータス: 詳しくは、申し立てのステータスをご覧ください。
    • 申し立てタイプ: 申し立ての対象が音声、映像、または映像と音声の両方であるかどうかでフィルタします。
    • 最後に作成された申し立て / 最後に更新された申し立て: 特定の動画に対する最後の申し立てが作成または更新された日付でフィルタします。
    • 自分の申し立ての数 / 自分の有効な申し立ての数 / 自分の無効な申し立ての数: 複数の申し立てがある動画を探します。
    • 公開日: 申し立てを行った動画の公開日でフィルタします。
  4. 申し立てを行った動画をクリックします。詳細ページが開き、動画の申し立ての概要がステータス別に表示されます。上部の [履歴] タブをクリックして、過去のアクティビティを表示することもできます。
  5. [動画に対する申し立て] の各申し立てをクリックすると、それぞれの詳細が表示されます。

申し立てを行った動画を管理する

  1. Studio コンテンツ マネージャにログインします。
  2. 左側のメニューで [申し立てた動画] を選択します。
  3. 申し立てを行った動画のリストを絞り込むには、フィルタバー をクリックしてフィルタを選択します。
  4. 申し立てを行った動画をクリックします。詳細ページが開き、動画の申し立ての概要がステータス別に表示されます。
  5. [動画に対する申し立て] で、[有効 - 自分] をクリックします。次の操作から選択します。
    • 申し立ての取り下げ: [申し立てを取りやめる] を選択すると、動画から 1 つまたは複数の申し立てを削除できます。
    • 申し立てを取り下げて除外: [申し立てを取りやめる] の横にある矢印 をクリックします。申し立てを取り下げて、申し立てを作成した参照の一部を除外するには、[申し立てを取り下げて除外] を選択します。
    • 削除通知の送信: [申し立てを行った動画を削除] をクリックすると、著作権侵害による削除通知が YouTube に送信され、動画の削除をリクエストできます。
    • 申し立てポリシーの変更: [ポリシー] タブをクリックし、[申し立てを行った動画に固有のポリシーを設定する] をクリックします。
      • 既存のポリシーを設定するには、リストからポリシーを選択して [適用] をクリックします。
      • 新しいポリシーを設定するには、[カスタム ポリシーを設定] をクリックし、ポリシーを作成してから、[保存] 次に [適用] をクリックします。
    • 申し立てを再開する: [(#)件の申し立てを再請求] をクリックすると、無効な申し立てを再開できる場合があります。たとえば、手動でクローズした申し立てや期限が切れた可能性のある申し立てを再請求できる場合があります。
      • : 異議申し立て手続き中に手動で取り下げられた申し立てを再開することはできません。

詳しくは、申し立てに関する問題の確認と対応をご確認ください。

: 他のチャンネルによってアップロードされた動画の配信設定は変更できません。詳しくは、自分の動画の動画配信の変更方法をご覧ください。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
59
false