クリップの共有

クリップは現在、限定アルファ版です。現在、一部のチャンネル限定でクリップ機能が有効になっています。クリエイターからアルファ版への参加を申し込むことはできないものの、この機能のリリースを近日中に開始する予定です。

クリップ機能を使用すると、クリエイターの動画の一部(クリップ)を選択して他のユーザーと共有できます。5~60 秒の長さのクリップを作成でき、元の動画再生ページで直接ループ再生されます。クリエイターおよびログインしている視聴者は、クリップを作成して新しい URL 経由で共有できます。クリップは、ソーシャル メディアのほか、メールやテキスト メッセージなどで直接共有することもできます。

クリップの作成と共有

  1. YouTube で対象となる動画を再生します。
  2. 動画のクリップ アイコン をクリックします。
  3. クリップの作成ボックスが表示されます。
  4. クリップを作成する動画のセクションを選択します。スライダーをドラッグすると、選択範囲の時間を長くしたり(最長 60 秒)短くしたり(最短 5 秒)できます。
  5. クリップにタイトルを付けます(最大 140 文字)。
  6. [クリップを共有] ボタンをクリックします。
  7. さまざまな共有方法を選択できるパネルが表示されます。
    • ソーシャル ネットワーク: ソーシャル ネットワーク アイコン(Facebook、Twitter など)をクリックし、開いたウィンドウで動画を共有します。
    • 埋め込み: [埋め込む] ボタンをクリックすると、動画をウェブサイトに埋め込むためのコードが生成されます。
    • メール: メールアイコンを選択すると、パソコンのデフォルトのメール ソフトウェアを使用してメールを送信できます。
    • リンクをコピー: [コピー] ボタンをクリックすると動画へのリンクがコピーされ、メール本文などにリンクを貼り付けることができます。

クリップの詳細

YouTube でクリップの作成機能が表示されない

ボタンを表示してクリップを作成するには、ログインしている必要があります。ボタンは、対象となるクリエイターの動画やライブ配信に表示されます。 

以下の動画からクリップを作成することはできません。

  • 子ども向けに制作された動画
  • DVR を使用しないライブ配信
  • 8 時間を超えるライブ配信
  • 配信中のプレミア公開

作成したクリップが利用できなくなる原因

元の動画が削除されたり、非公開に設定されたりすると、そのクリップは利用できなくなります。なお、動画が限定公開に設定された場合は、クリップを引き続き利用できます。

元の動画がコミュニティ ガイドラインに違反している場合、その動画から作成されたクリップは削除されます。

ライブ配信から作成したクリップが動作しない場合

クリップは、ライブ配信が終了して動画としてアップロードされた後に表示されます。DVR を使用しないライブ配信や 8 時間を超えるライブ配信からはクリップを作成できません。

作成したクリップに広告が表示される理由

元の動画が 30 秒以上の場合、クリップへの広告掲載が有効となります。

 

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。