通知

@TeamYouTubeツイッターアカウントから最新情報をツイートしています。日本語でのお問い合わせも受け付けています。

ストリーミングと動画に関する問題のトラブルシューティング

映画、番組、オンデマンド コンテンツがバッファリングし続ける、遅れる、または正常に再生されない場合は、パソコンまたはモバイル デバイスで以下の解決方法のいずれかをお試しください。テレビで問題が発生している場合は、こちらの手順をお試しください。再生に関する問題やエラーのほとんどは以下のトラブルシューティング手順で解決できます。

以下の手順を試しても動画が正常に再生されない場合は、サポートされている別のデバイスで再生できるかどうかをご確認ください。

パソコンでの動画の問題を解決する

よく表示されるエラー メッセージの例:
  • この動画のライセンスに問題が発生しました。
  • この動画は有料です。
  • エラーが発生しました。しばらくしてからもう一度お試しください。
  • サーバーに問題が発生しました。しばらくしてからもう一度お試しください。
  • 問題が発生しました。

上記のようなエラーが表示された場合は、次の手順をお試しください。

  1. パソコンが最新の状態かどうかを確認します。
  2. ウェブブラウザを閉じて、もう一度開きます。
  3. ブラウザのタブを多数開いている場合は、YouTube 以外のタブを閉じてみます。
  4. ブラウザを最新バージョンに更新します。
  5. ブラウザとして Google Chrome を使用します。
  6. デバイスを再起動します。

動画のバッファリングや読み込みに関する問題を解決する

Google Chrome をブラウザとして使用して動画を再生してみます。Chrome を使用できない場合や、Chrome で再生しても問題が解決しない場合は、以下の手順を試してみます。

  1. パソコンで、インターネット ブラウザを更新または再起動します。
  2. インターネット速度を確認します。ご利用のインターネット接続の速度が十分でない場合は、他のブラウザ、タブ、アプリを閉じてみます。モデムまたはルーターを再起動してみる方法もあります。
  3. ブラウザを最新バージョンに更新します。
  4. キャッシュと Cookie を削除してみます。
  5. 動画の画質を下げてみてください。
  6. デバイスを再起動します。

映画の再生が先に進まない問題を解決する

映画のタイムラインで、早送りをクリックして数シーン先に進み、映画の再生が正常に再開するかどうかを確認します。

この操作で解決しない場合は、ウェブブラウザを終了してから再起動してみてください。問題が引き続き発生するようなら、ブラウザのアップデートが公開されていないか確認するか、サポートされている別のブラウザ(Chrome など)をお試しください。これらの手順を実行しても解決しない場合は、キャッシュと Cookie を削除してみてください。

購入したコンテンツがライブラリに表示されない問題を解決する

購入したコンテンツを表示する際は、購入を行った個人アカウントでログインしていることをご確認ください。ブランド アカウントでは映画やテレビ番組を視聴できないため、個人アカウントに切り替える必要があります。

個人アカウントに切り替えるには:

  1. YouTube の画面右上にあるチャンネル アイコンをクリックします。
  2. プロフィール写真の横の [アカウントを切り替える] 次へ をタップします。管理しているアカウントの一覧と Google アカウントの ID が表示されます。
  3. 使用するアカウントをクリックします。チャンネルにリンクされていないブランド アカウントを選択した場合は、そのページのチャンネルを作成できます。

テレビでの動画の問題を解決する

インターネット接続を確認する

HD ストリーミングの場合は、7 Mbps 以上の接続速度が推奨されます。接続速度はこちらでテストできます。
テストはテレビのそばで実施することをおすすめします。インターネット速度が遅い場合は、デバイスやスマートテレビがルーターの電波が届く範囲内にあり、干渉が最小限に抑えられている(壁に埋め込まれたり、金属で遮られていたりしないなど)ことを確認することをおすすめします。デバイスを動かしてみて、接続が改善するかご確認ください。また、ネットワークに接続されている他のデバイスの数を最小限にすることもお試しください。

ストリーミング品質を確認する

手動で画質を調整してみてください。
  1. 動画プレーヤーで設定アイコン を選択します。
  2. [画質] を選択し、手動で調整できるかどうかを確認します。

YouTube アプリを終了してもう一度開く

  1. リモコンのホームボタンを押します。
  2. YouTube アプリをもう一度開きます。
  3. 動画を再生してみます。

YouTube アプリからログアウトして再びログインする

  1.  YouTube アプリを開きます。
  2. プロフィール写真 を選択し、その下にあるアイコンを選択して、プロフィールを管理します。
  3. [次へ] を選択して続行し、ログアウトします。
  4. [設定] に戻り、[ログイン] を選択します。コードの入力が必要になる場合があります。
  5. 動画を再生してみます。

デバイスを再起動する

  1. 電源からデバイスを外します。
  2. 数秒待ちます。
  3. デバイスを再接続します。
  4. YouTube アプリに戻って、もう一度動画を再生してみます。

デバイスのシステム ソフトウェアを更新する

デバイスのシステムで利用可能なアップデートがないか確認します。アップデートがあるかどうかは、デバイス設定のシステム アップデートのセクションで確認できます。アップデートが利用可能な場合は、画面上の指示に沿ってシステムを更新し、動画をもう一度再生してみます。

アップデートで問題が発生している、または異なるサービスでもストリーミングの問題がある場合は、デバイス メーカーのサポートサイトで解決方法をご確認ください。

また、別の方法を使ってテレビで動画を再生できるかお試しください。

  • Chromecast をお持ちの場合は、別のデバイスで再生してテレビにキャストします。
  • HDMI ケーブルをお持ちの場合は、ノートパソコンから再生してテレビに接続してください。

同様に、別のデバイスで視聴して、同じ問題が引き続き発生するかどうかを確認します。

テレビでのプライムタイム チャンネルの配信の遅延を軽減する

配信の遅延とは、カメラが映像を捉えてから視聴者が視聴しているテレビにその映像が表示されるまでの時間です。

配信の遅延を短くするほど、動画プレーヤーのバッファが少なくなります。配信の遅延が短いほど、再生が中断する可能性が高くなります。

また、ネットワークの輻輳などの要因によってライブ番組の問題が生じ、ストリーミングの遅延が発生することもあります。接続が良好であっても、遅延が発生することがあります。

テレビの YouTube アプリで配信の遅延の設定を更新する

  1. 右下の [設定] を選択します。
  2. [配信の遅延] を選択します。
  3. [少なくする] または [デフォルト] を選択します。

再生の中断を最小限に抑えるには、[デフォルト] が最適です。ライブ配信のネタバレに遭遇するのを減らすには、[少なくする] が最適です。配信の遅延を短くしつつ、再生の中断を最小限に抑えたい場合は、[少なくする] オプションを選択します。

フィードバックを送信

フィードバックを送信して YouTube アプリでの動画の視聴に関する問題を報告することもできます。その場合は、再生の問題が発生した直後に、プロフィール アイコン 次へ [ヘルプとフィードバック] 次へ [フィードバックを送信] に移動してください。

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
8042348569548860886
true
ヘルプセンターを検索
true
true
true
true
true
59