ソフトウェアをアップグレードする

Google は、Google Workspace Migrate プラットフォームとノード ソフトウェアを定期的に更新しています。また、データベース ソフトウェアを随時更新しています。最新の Google Workspace Migrate の機能や修正を利用できるように、最新バージョンのソフトウェアを使用する必要があります。

最新のソフトウェア リリースについて詳しくは、リリースノートをご覧ください。

ソフトウェアのアップグレード方法

データベース、ノード、プラットフォームをアップグレードする場合は、データベース、ノード、プラットフォームの順に更新してください。詳しくは、以下の手順をご覧ください。

データベースをアップグレードする

データベースを更新する必要がある場合は、リリースノートでお知らせします。実行中のデータベースのバージョンを確認するには、CouchDB または MySQL のインストール フォルダに移動し、リリース ファイルの詳細を確認します。

アップグレードするには、以下の操作を行います。

  1. データベースをバックアップします。
  2. Google Workspace Migrate プラットフォームにログインし、ブリッジやスキャンが実行されていないことを確認します。
  3. タスクバーの アイコンを右クリックし、[Stop Google Workspace Migrate service(Google Workspace Migrate サービスを停止)] を選択します。
  4. MySQL と Apache CouchDB にログインして、サービスを停止します。
  5. インストーラをダウンロードに移動して、CouchDB インストーラと MySQL インストーラをダウンロードします。
  6. 管理者としてインストーラを実行します。
  7. インストールが完了したら、MySQL サービスと CouchDB サービスを再起動します。

プラットフォームとノードをアップグレードする

セクションを開く  |  すべて閉じて一番上に移動

オプション 1: 手動でアップグレードする
  1. Google Workspace Migrate プラットフォームにログインし、ブリッジやスキャンが実行されていないことを確認します。
  2. タスクバーの アイコンを右クリックし、[Stop Google Workspace Migrate service(サービスを停止)] を選択します。
  3. インストーラをダウンロードに移動して、Google Workspace Migrate インストーラをダウンロードします。
  4. プラットフォームと各ノードでインストーラを実行します。

    Google Workspace Migrate のどのバージョンからでもアップグレードできます。次のバージョンを順次インストールする必要はありません。

  5. プラットフォームのバージョンがノードのバージョンと一致することを検証して、アップグレードが正常に行われたことを確認します。2 つのバージョンを表示するには、以下の操作を行います。
    • プラットフォームのバージョン - Google Workspace Migrate プラットフォームの右上にあるヘルプアイコン の横に、プラットフォームのバージョンが表示されます。
    • ノードのバージョン - Google Workspace Migrate プラットフォームの右上にある [Servers(サーバー)] をクリックします。[Version(バージョン)] にノードのバージョンが表示されます。
  6. 手順 1 で停止したブリッジを再起動するには、差分ブリッジを実行します。詳しくは、運用開始に向けて準備するをご覧ください。
オプション 2: コマンドライン インターフェースを使用してアップグレードする

コマンドライン インターフェースを使用して Google Workspace Migrate をアップグレードする場合、インストール パラメータには既存のインストールの値が使用されます。パラメータ自体を変更する場合を除き、これらのパラメータを含める必要はありません。

コマンドライン インターフェースでインストーラを使用する手順の詳細については、以下をご覧ください。

関連トピック

Google Workspace Migrate リリースノート

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
3453464451422368610
true
ヘルプセンターを検索
true
true
true