お支払い情報に関する販売パートナーの権限を管理する

お支払い情報を表示、編集するには、販売パートナー コンソールの [お支払い] にアクセスします。その場合、次の権限が必要になります。

  • [販売代理店用ツールの管理] 権限の下位権限である [お支払い] 権限を持つユーザーは、[お支払い] を表示できます。この権限は、管理者が Google 管理コンソールから設定します。
  • お支払い情報の編集権限または管理者権限を持つユーザーは、お支払い方法や請求先住所などの情報を更新できます。この権限は、管理者が販売パートナー コンソールの [お支払い] で設定します。

読み取り専用の権限を割り当てる

管理コンソールでは、販売パートナー コンソールの [お支払い] に対する読み取り専用の権限をユーザーに割り当てることができます。その際、システムで定義された販売パートナー管理者の役割を割り当てる(手順についてはユーザーに管理者の役割を割り当てるをご覧ください)か、販売パートナー用ツールを管理できる権限を持つカスタムの役割を作成して割り当てることができます。

  1. 手順に沿ってカスタムの管理者の役割を作成します。
  2. その役割の [権限] タブに移動します。
  3. [販売代理店用ツールの管理] をオンにします。

    [お支払い] は必ずオンのままにしてください。

  4. ユーザーに管理者の役割を割り当てる手順に沿って、ユーザーにカスタムの役割を割り当てます。

お支払い情報に関する権限を割り当てる

販売パートナー コンソールでは、以下の権限をユーザーに付与できます。

  • お支払い方法や請求先住所など、お支払い情報を参照する権限。
  • お支払い情報を編集する権限。

    この権限がないと、アカウントに関連付けられたお支払い方法(クレジット カードなど)を変更できない場合があります。

  • 他のユーザーを作成する権限や、他のユーザーに権限を付与する権限。

ユーザーに管理者権限を割り当てることで、これらの権限をすべて付与することもできます。

  1. 販売パートナー コンソールにログインします。
  2. メニュー アイコン メニュー 次に [お支払い] をクリックします。
  3. [設定] で、[設定を管理] をクリックします。
  4. [お支払いサービスのユーザー] で、[お支払いサービスのユーザーを管理] をクリックします。
  5. 次のいずれかを選択します。
    • 新規ユーザーの場合:
      1. [新しいユーザーを追加] をクリックします。
      2. ユーザーの名前とメールアドレスを入力します。
    • 既存ユーザーの場合:
      1. ユーザーの名前の横にある下矢印 下矢印 をクリックします。
      2. [権限] の横にある編集アイコン 編集 をクリックします。

      ユーザーの [権限] が表示され、展開されます。

  1. 適切なチェックボックスをオンにします(複数可)。

    ユーザーがお支払い情報を変更するには、編集権限または管理者権限が必要です。

  2. [保存] をクリックします。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。