一部の端末設定を変更できない

管理者によって設定されたポリシーによっては、端末で一部の操作ができない場合や、設定を変更できない場合があります。

注: 端末によっては、次の情報に該当しないものもあります。

すべて開く | すべて閉じる

アプリと連絡先の問題

個人用プロファイルで仕事用の連絡先を検索できない
管理者が仕事用の連絡先の検索を許可した場合、Android 7.0 Nougat 以降の端末では、個人用の連絡先アプリや電話アプリでのみ Work Contacts を検索できます。
アプリにアクセスできない
管理者は一時的にアプリを停止できます。停止されたアプリにユーザーがアクセスしようとすると、無効になっていることを知らせるメッセージが表示されます。また、停止されたアプリのアイコンは、ランチャーでグレー表示されます。停止されたアプリを使用する必要がある場合は、管理者にお問い合わせください。管理者がアプリへのアクセスを許可すると通知が表示され、アプリを使用できるようになります。

端末の設定の問題

ユーザー アイコンを変更できない
Android 7.0 Nougat 以降の端末の場合、管理者は管理対象プロファイルのユーザー アイコンを選択できますが、ユーザーはアイコンを変更できません。
データローミングを有効にできない
データの使用量を節約するために、管理者は会社が所有する端末(Android 7.0 Nougat 以降)でのデータローミングを無効にできます。ユーザーがデータローミングを有効にしようとすると、無効になっていることを知らせるメッセージが表示されます。データローミングが無効でも、Wi-Fi は使用できます(Wi-Fi を使用できる場所にいる場合)。
ロック画面のメッセージを変更できない
管理者は、会社が所有する端末(Android 7.0 Nougat 以降)で、ロック画面のメッセージを設定できます。ユーザーがメッセージを設定しても、ロック画面には管理者が設定したメッセージが表示され、ユーザーはそのメッセージを変更できません。
仕事用プロファイルの VPN の無効化と編集ができない

Android 6.0 Marshmallow 以降の端末の場合、管理者はユーザーが仮想プライベート ネットワーク(VPN)を設定できないようにすることができます。また、Android 7.0 Nougat 以降の端末の場合、管理者は仕事用アプリが常に特定の VPN を使用して組織のネットワークに接続するように設定できます。このように設定すると、ユーザーは仕事用 VPN を切断したり編集したりできませんが、個人用プロファイルの VPN には影響しません。

おすすめの方法: 管理者が常に特定の VPN 経由で仕事用アプリを接続するように設定している場合は、いずれかの画面(ロック画面も可)を 2 本の指で下から上にスワイプし、[ネットワークが監視されている可能性があります] をタップすると、ネットワークの詳細を確認できます。

壁紙を変更できない
Android 7.0 Nougat 以降の端末の場合、管理者は管理対象プロファイルの壁紙を設定できますが、ユーザーはこの壁紙を変更できません。

その他の問題

管理者は、次のような端末の設定を制限することもできます。

  • 新規ユーザーの追加
  • Wi-Fi、Bluetooth、テザリングの設定
  • モバイル ネットワークの設定
  • 提供元がわからないアプリのインストール
  • 物理メディア(SD カードなど)の使用
  • Android ビームを使用した近距離無線通信(NFC)によるデータ共有
  • 位置情報サービスの使用

これらの問題についてご不明な点がある場合は、管理者にお問い合わせください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。