インターネットの速度をテストする

Google Home アプリまたは Google Wifi アプリからインターネットのダウンロード速度とアップロード速度をテストできます。

Google Home アプリを使ってインターネット速度をテストする

  1. Google Home アプリ Google Home app を開きます。
  2. Wifi アイコン and then [ネットワーク] の [速度テストを実行] をタップします。

Google Wifi アプリを使ってインターネット速度をテストする

  1. Google Wifi アプリ を開きます。
  2. [設定と操作] タブ and then [ネットワーク チェック] をタップします。
  3. [インターネット] をタップします。

結果の意味

インターネット速度のテストでは、ルーターまたはメイン Wifi ポイントからのダウンロード速度とアップロード速度が測定されます。

ダウンロード速度

お使いのネットワークが一定の期間にインターネット サーバーからデータを受信する速度を示しています。ダウンロード速度はメガビット/秒(Mbps)で表示されます。「インターネットの速度」とは、通常、ダウンロード速度のことです。接続が速ければ、より短い時間でより多くのデータを受信できます。たとえば、ダウンロード速度が速いと動画のストリーミング、オンライン ゲーム、ウェブ ブラウジングがスムーズになります。

注意事項:

  • ダウンロード速度は、ISP(インターネット サービス プロバイダ)の契約プランによって異なります。10 Mbps に制限されているプランもあれば、最大 1,000 Mbps まで可能なプランもあります。
  • スマートフォンなど、一部のデバイスではパソコンほどの速度が出ないことがあります。端末の機種やバージョンによっても速度が異なります。

ダウンロード速度の目安

ダウンロード速度
 
メガビット/秒 評価 速度の目安
100 Mbps 以上 非常に高速 同時に複数のデバイスで 4K 動画のストリーミング、友達とのオンライン ゲーム、ビデオ会議が可能です。4K 動画を思う存分お楽しみいただけます。
50 Mbps 以上 高速 同時に複数のデバイスで 4K 動画のストリーミング、ビデオ会議、オンライン ゲームが可能です。
25 Mbps 以上 快適な速度 同時に複数の端末で、HD 動画の安定したストリーミングが可能です。
13 Mbps 以上 良好な速度 同時にいくつかの HD 動画のストリーミングが可能です。家族の人数が多くても比較的安定しています。少人数の家族に最適の速度です。
7 Mbps 以上 普通の速度 1 本の HD 動画のストリーミングが可能です。複数の端末で同時に動画をストリーミングすると、バッファリングのために中断する可能性があります。
3 Mbps 以上 やや低速 1 台の端末で標準画質の動画を 1 本ストリーミングできます。
3 Mbps 未満 低速 ウェブ ブラウジングには十分ですが、動画の読み込みが遅くなる可能性があります。

テスト結果が予想どおりではなかった場合の対応方法

  • もう一度速度テストを行ってみてください。最も混雑しているピーク時には、ISP のネットワークやインターネットが混雑し、「速度が遅い」という結果になることがあります。ネットワークが混み合っているとデータの転送速度が遅くなります。
  • [優先デバイス] をオフにします。[優先デバイス] がオンであると、優先対象デバイス向けに帯域幅を確保するため、ネットワーク チェックの結果が遅くなります。
  • メッシュテストを実施すると、ネットワークに問題があるかどうかを確認できます。
  • インターネット サービスに障害や問題がある場合は、ご利用の ISP にお問い合わせください。

ダウンロード速度の計算方法

ダウンロード速度を計算するために、Google Home アプリや Google Wifi アプリでは、一定の期間にルーターまたはメイン Wifi ポイントと Google のサーバーの間でどのくらいのデータを送受信できるかを測定します。最寄りのサーバーではなく、よく利用されるサーバー(YouTube など)に対する速度をテストすることで、日常のインターネット使用に即した測定値が得られると Google は考えています。

ダウンロード速度が 45 Mbps の場合:

YouTube サーバーから自宅へ 1 秒間に 45 メガビットのデータを転送できます。

注意事項:

  • 速度テストはダウンロード速度の目安にすぎません。インターネットを使用する時間帯や場所によって速度は異なります。常に同じ速度で受信できるわけではありません。
  • ネットワークの輻輳は要素のひとつです。操作の内容や時間帯、インターネット上の他のユーザーの操作状況によって、ダウンロード速度は速度テストの結果より速くなったり遅くなったりします。

アップロード速度

お使いのネットワークがサーバーへデータを送信する速度を示しています。オンライン ゲーム、ビデオ通話や音声通話、YouTube への動画投稿や画像のバックアップといった大容量のファイルの送信の際にアップロード速度が重要になります。アップロード速度はメガビット/秒(Mbps)で表示されます。

全体的なパフォーマンスはインターネット速度によっても異なる

優れたルーターを使用していても、ISP が提供しているインターネット接続が遅ければ、パフォーマンスも落ちてしまいます。

速度テストによって結果が異なる理由

ほとんどのオンライン速度テストでは、個人用端末と不特定のサーバーとの間の速度をチェックします。ただし、この結果は 2 つの要因によって異なります。
  1. 現在地
  2. サーバーがある場所

自動的に最寄りのサーバーを選択するテストもあれば、ユーザーが複数のサーバーから選択するテストもあります。

いずれの場合も、距離によって結果が異なります。現在地に近いサーバーであれば速くなり、遠いサーバーであれば遅くなります。このように条件が変わると、毎日の使用状況で実感している速度とテスト結果が一致しないこともあります。

そこで、Google では、Wifi 拡張ポイントと Google のサーバーとの間の速度を測定します。最寄りのサーバーではなく、よく利用されるサーバー(YouTube サーバーなど)に対する速度をテストすることで、日常のインターネット使用に即した測定値が得られると Google は考えています。

関連記事

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。