WAN 設定

WAN 設定では、Google Wifi のインターネットへの接続方法を管理できます。使用している WAN 接続のタイプは、インターネット サービス プロバイダによって決まるのが一般的です。

WAN 設定では、以下の WAN タイプから 1 つを選択して、それぞれの設定を行います。

広域ネットワーク(WAN)は、接続されたコンピュータのネットワークで構成される外部のネットワークです。インターネットも WAN の 1 つです。一方、LAN(ローカルエリア ネットワーク)は、家庭内のデバイスが集まったネットワークです。この場合、LAN はプライベート ネットワークです。LAN のデバイスは、動画をストリーミングするタブレットでも、インターネット サーフィンをするパソコンでも、データをすべて WAN からルーター経由で受信します。

WAN 設定の編集方法

注: WAN 設定を編集するには、Google Wifi をオフラインにして、モバイル デバイスを Google Wifi にローカルに接続する必要があります(Wifi ポイントから離れた場所ではローカルに接続できません)。イーサネット ケーブルをメイン Wifi ポイントから取り外し、ライトがオレンジ色で点滅するまで待ちます。モバイル デバイスが Google Wifi ネットワークに引き続き接続されていることを確認します。
  1. Google Wifi アプリを開きます。
  2. タブ、[ネットワークおよび全般] の順にタップします。
  3. [ネットワーク] で、[詳細設定] > [WAN] をタップします。

DHCP

DHCP(Dynamic Host Configuration Protocol)とは、デバイス(この場合はルーター)が自動的に IP アドレスと他の関連情報を取得できるプロトコルです。DHCP についての詳細

別の WAN タイプがあり、DHCP に戻したい場合:

  1. Google Wifi アプリを開きます。
  2. タブ、[ネットワークおよび全般] の順にタップします。
  3. [ネットワーク] で、[ネットワークの詳細設定] > [WAN] > [DHCP] をタップします。
  4. [保存] をタップします。
  5. イーサネット ケーブルをメイン Wifi ポイントに接続し直します。
DHCP についての詳細

インターネットに接続しているすべてのデバイスには、IP アドレスがあります。ちょうど郵便小包に記載されている住所のように、IP アドレスはインターネット上でのデータの送信先を表します。

DHCP を使用する場合、Google Wifi は、メイン Wifi ポイントの WAN ポートに接続されているデバイス(通常はモデム、またはルーター付きモデム)に IP アドレスを自動的に問い合わせます。モデム(つまり「上流」のデバイス)は一定の期間(「リース期間」といいます)、メイン Wifi ポイントに IP アドレスを付与します。リース期間が過ぎると、上流のデバイスはリースを更新しますが、通常、メイン Wifi ポイントは同じアドレスを使用し続けます。DHCP は再起動後に新しい IP アドレスをメイン Wifi ポイントに割り当てます。

Google Wifi ネットワークでは、ほとんどのネットワークと同様に DHCP がデフォルトです。これでプロセスが自動になり、手動の設定が不要になります。

静的 IP

静的 IP アドレスは接続用に特別に予約されている IP アドレスで、自動的には変更されません。静的 IP アドレスを使用する場合は、ISP から提供されたアドレスを使用します。静的 IP の詳細

  1. Google Wifi アプリを開きます。
  2. タブ、[ネットワークおよび全般] の順にタップします。
  3. ネットワークで、[詳細設定] > [WAN] > [静的 IP] をタップします。
  4. ISP から提供された IP アドレス、サブネット マスク、インターネット ゲートウェイを入力します。入力したら、[保存] をタップします。
  5. 変更を保存したら、イーサネット ケーブルをメイン Wifi ポイントとモデムに接続し直します。
静的 IP の詳細

ほとんどのユーザーにはルーターの静的 IP アドレスは必要ありません。必要になるのは、自分のデバイスを外部デバイスやインターネット サービスに記憶させたい場合だけです(たとえば、自分でサーバーを稼働させたり、パブリック IP を介して自宅のネットワークにリモートでアクセスしたりする場合です)。注: ほとんどの ISP では、静的 IP アドレスを割り当てるのに特別なアカウント(通常はビジネス用)を必要とします。

これは個人のデバイスが使用する静的 IP アドレスとは異なります。ルーターには、インターネット上の他のデバイスが認識できる静的な IP アドレスを割り当てることができます。しかし、ルーターに接続される個人のデバイス(ノートパソコン、スマートフォン、タブレットなど)にも、ローカル ネットワークで使用される静的な IP アドレスを付与することができます。この固有の静的 IP アドレスは外部からは見えません。ネットワーク デバイスの静的 IP についての説明をご覧ください。
PPPoE

PPPoE とは、Point-to-Point Protocol over Ethernet の略です。このプロトコルを使用するには、インターネットにアクセスする前に、インターネット サービス プロバイダ(ISP)の固有のユーザー名とパスワードが必要になります。これは DSL 接続では一般的です。

ユーザー名とパスワードが不明な場合は、ISP に問い合わせて、PPPoE のアカウント名とパスワードを確認してください。WAN 設定を手動で行うときにこれらの情報を入力する必要があります。

アカウント名とパスワードを入手したら、次の方法で PPPoE 情報を入力します。

  1. Google Wifi アプリを開きます。
  2. タブ、[ネットワークおよび全般] の順にタップします。
  3. [ネットワーク] で、[詳細設定] > [WAN] > [PPPoE] をタップします。
  4. アカウント名とパスワードを入力します。パスワードを確認し、[保存] をタップします。
  5. イーサネット ケーブルを Wifi ポイントに接続し直します。
注: ネットワークを保護するため、Google Wifi は WPAD(Web Proxy Auto-Discovery Protocol)をサポートしていません。WPAD はハッキングされやすく、ブラウジングの動作やデータが読み取られる恐れがあるからです。お使いのデバイスで WPAD が有効になっている場合は、デバイスのユーザー マニュアルを参照して無効にすることをおすすめします。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。