Google の強調スニペットの仕組み

Google の検索結果では、標準の形式とは異なり、ページへのリンクより先にそのページの内容を記述したスニペットが表示されることがあります。このように表示された結果を「強調スニペット」と呼びます。

強調スニペットは、ユーザーの探している情報が見つけやすくなると判断された場合に表示され、実際にリンクをクリックしたときの内容やページに関する説明を見ることができます。モバイルや音声で検索を行うユーザーに特に便利な機能です。

通常、強調スニペットにはリスティングが 1 つ含まれますが、複数表示される場合もあります。

強調スニペットの参照元はどこですか?

強調スニペットは、ウェブ検索のリスティングを参照します。システムが自動的にウェブ リスティングを確認し、強調することでユーザーの利便性が向上するかどうかを判定します。検索の際に質問の形式で入力されると、強調スニペットの表示が増える傾向にあります。

強調スニペットに関するポリシー

強調スニペットは、Google 検索で書式や表示位置を通常と異なったものにする特別な機能であり、Google アシスタントでも音声出力されます。特別な扱いがなされることから、強調スニペットで扱われるテキスト、画像、ページについては、次のポリシーに違反しないことが求められます。

露骨な性表現

強調スニペットには、検索トピックのコンテキストから外れた露骨な性描写や下品な表現を含めることはできません。性教育に関連する語句など、人間の構造に関する医学的科学的用語の場合には対象に含めることができます。

差別的である

強調スニペットは、人種、民族、宗教、障がい、年齢、国籍、従軍経験、性的指向、性別、性同一性など制度的な差別や排斥に結び付く特性に基づく、個人やグループに対する誹謗中傷、暴力の助長または容認、憎悪の喚起を目的とするものではありません。

暴力的である

強調スニペットは、暴力行為の煽動や賞賛、過度に露骨なコンテンツや暴力的なコンテンツの掲載、もしくはそのようなコンテンツへの誘導を行うためのものではありません。

有害で危険である

強調スニペットは、危険な商品、サービス、活動の宣伝や、切傷、摂食障害、薬物乱用などの自傷行為を含む重大な危害を招くような情報の提供を行うものではありません。

公共性の高いトピックにおいて広く合意が得られている内容と反している

社会問題、医療問題、科学論争、歴史認識などの公共性の高いコンテンツについては、専門家が広く合意している内容や十分に確立された意見と反している場合、強調スニペットに含めることはできません。

以上のポリシーは、強調スニペットの表示に関して適用されます。ウェブ検索のリスティングには適用されず、削除も行われません。

Google は強調スニペットを削除しますか?

Google では 1 日に数十億件の検索が処理されます。このような膨大な数の検索を処理するには、自動化する以外に方法はありません。つまり、自動化されたシステムや検索アルゴリズムの改善こそが、最も効果的です。

Google のシステムでは、ポリシーに違反する強調スニペットを表示しないよう自動的に処理が行われます。しかし、検索の規模が非常に大きいことから、完璧な処理は困難です。そのため、広くレポートを受け付けるシステムを採用しています。

Google では、このレポートを通じて、自動システムで検出できなかったポリシーに違反する強調スニペットについて把握します。そして、同様の問題が回避できるようにシステムの改善を行います。

なお、強調スニペットでポリシー違反がレポートされた場合、違反により侵害される対象をすみやかに保護する目的で、違反スニペットを手動で削除する場合があります。また、その違反の有無の審査の際に、対象のウェブサイトで他の強調スニペットにも恒常的な違反が確認された場合や、サイト自体がウェブマスター ガイドラインに違反している場合には、そのサイトに関する強調スニペットが表示されなくなることがあります。

Google のポリシーに違反していない問題について報告された強調スニペットは、手動では削除されません。そのような問題については、より詳細な内容確認が実施されたうえで、自動システムの改善による対処が行われます。

強調スニペットのレポート方法

強調スニペットに問題がある場合は、強調スニペットの下にある [フィードバック] リンクをクリックしてください。

自身のコンテンツが強調スニペットでどのように表示されるか知りたい

ウェブマスターの方を対象に、Google 検索での特徴スニペットの管理方法が用意されています。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。