サイトのウェブマスターに連絡する

削除してほしいコンテンツがウェブサイトで見つかった場合、通常はそのウェブサイトの所有者(ウェブマスター)に連絡する必要があります。Google を使用してそのコンテンツが見つかったとしても、そのサイトのコンテンツを Google が管理しているわけではありません。

ウェブマスターに連絡する理由

Google 側で問題のサイトや画像を Google の検索結果から削除したとしても、そのウェブページが消えることはありません。サイトの URL を入力すれば直接アクセスでき、ソーシャル メディアでの共有や Google 以外の検索エンジンには表示されてしまいます。

ウェブマスターに連絡して、問題のページを完全に削除してもらうことが最善の方法となります。

注: 写真や情報が Google の検索結果に表示されるということは、その情報がインターネット上に存在することを意味しているだけであり、Google がその情報を承認しているわけではありません。

ウェブマスターへの連絡方法

サイト所有者に連絡するには、以下に示すとおりいくつかの方法があります。

  1. 問い合わせ用のリンクを使用する。「お問い合わせ」のリンクやウェブマスター宛てのメールアドレスを探します。この情報は多くの場合、サイトのホームページに掲載されています。
  2. Whois を使用して連絡先情報を検索する。Google を使用して、サイト所有者に対する Whois(「誰ですか?」)検索を行えます。google.com にアクセスし、whois www.example.com と検索します。ウェブマスターへの連絡用のメールアドレスは、通常は Registrant Email または Administrative Contact として表示されます。
  3. サイトのホスティング会社に連絡する。通常、Whois の検索結果にはウェブサイトをホストしている会社の情報が含まれています。ウェブマスターと連絡が取れない場合は、サイトのホスティング会社にお問い合わせください。

検索結果に表示されるサイトにおいて、リクエストした変更がすでにウェブマスターにより行われていた場合は、Google に対してウェブページの削除リクエストを送信することにより、古い情報の削除をリクエストできます。

 

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。