検索結果でファクト チェックを見つける

ファクト チェックの表示内容

Google 検索の場合

検索に関連する主張について、あるサイトがファクト チェックを実施済みの場合、検索結果に以下の情報を含むボックスが表示されることがあります。

  • 確認の対象となった主張
  • 主張した人
  • ファクト チェックを行ったサイトオーナーの名前
  • サイト運営者によるファクト チェックの概要

Google 画像検索の場合

検索結果の画像が、関連するファクト チェックの対象コンテンツを含むページのものである場合、以下が表示されることがあります。

検索結果の画面に:

  • サムネイル上の「ファクト チェック」ラベル
  • ファクト チェックを行ったドメインの名前

検索結果で画像を選択した後に:

  • 主張
  • ファクト チェックを行ったサイト運営者の名前
  • サイト運営者によるファクト チェックの概要

Google ニュース

ニュース メディアによるファクト チェック付きの記事は、Google ニュースの以下の場所に表示されます。

  • トップニュース: トップニュースの記事には「ファクト チェック」ラベルが付いています。
  • すべての記事すべての記事: 専用の「ファクト チェック」セクションがあります。
  • パソコンの場合: Google ニュースの「ファクト チェック」カードは一部の国でご利用いただけます。

ファクト チェックに同意できない場合

ファクト チェックは Google が作成しているものではありません。ファクト チェックに同意できない場合は、記事を公開したウェブサイトの所有者にお問い合わせください。

スパムや不正行為を報告

検索結果にスパムと思われる情報(不適切なコンテンツや有料リンクなど)が表示された場合は、Google にフィードバックをお送りください。お送りいただいたフィードバックは問題の解決に役立てさせていただきますが、直接回答することはできかねます。あらかじめご了承ください。

Google 検索の場合

  1. ファクト チェックの下で、[フィードバック] を選択します。
  2. 問題点を記入し、[送信] を選択します。

Google ニュースの場合

アプリの場合

  1. スマートフォンで Google ニュース アプリ Google ニュース を起動します。
  2. 画面左上にあるメニュー アイコン メニュー をタップします。
  3. 下にスクロールして、[ヘルプとフィードバック] 次の操作 [フィードバックを送信] をタップします。
  4. 問題点を記入し、送信アイコン 送信 をタップします。

パソコンの場合

  1. Google ニュースにアクセスします。
  2. ページ下部までスクロールし、[フィードバックを送信] をクリックします。
  3. 問題点を記入し、[送信] をクリックします。

Google でのファクト チェックの判断方法

Google では、サイト運営者によるファクト チェックが一定の要件を満たしている場合に、そのファクト チェックの概要を自動的に表示しています。その要件は次のとおりです。

  • ファクト チェックを行ったサイト運営者が信頼できる情報源であること(アルゴリズムによって判定されます)
  • ファクト チェックの内容に以下が明記されていること
    • 確認の対象となった主張
    • その主張についての結論
    • 結論に至った経緯
    • 引用と一次情報源

このようなファクト チェックはいずれも Google が保証するものではないことにご注意ください。

サイト運営者の方は、Google によるファクト チェック内容の判断方法の詳細をご確認ください。デベロッパーの方は、ページに構造化データを追加する方法をご確認ください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。