ウェブとアプリのアクティビティの音声録音を管理する

Google 検索、Google アシスタント、Google マップを操作する際、Google アカウントに音声アクティビティを保存するかどうかを選択できます。保存された音声は、Google の音声認識技術とそれを使用する Google サービスの開発と改良に利用されます。

音声アクティビティ設定は、ユーザーがオンに設定しない限りオフになっています。

重要: 他の設定によっては、音声録音は別の場所に保存されている場合があります

How Google Protects Your Privacy if You Choose to Save Audio Data

音声アクティビティをオンまたはオフにする

  1. Google アカウントに移動します。
  2. 左上にある [データとプライバシー] をクリックします。
  3. [履歴の設定] で [ウェブとアプリのアクティビティ] をクリックします。
  4. [音声アクティビティを含める] チェックボックスをオンまたはオフにします。

音声アクティビティ設定がオフになっている場合、Google アカウントにログインしていても、Google 検索、Google アシスタント、Google マップを音声操作したときの音声録音はアカウントに保存されません。音声アクティビティの設定をオフにしても、以前に保存した音声は削除されません。自分の音声録音はいつでも削除できます。

音声録音を探す、削除する

音声録音を探す

重要: 他の設定によっては、音声録音は別の場所に保存されている場合があります

  1. Google アカウントに移動します。
  2. 左上にある [データとプライバシー] をクリックします。
  3. [履歴の設定] で、[ウェブとアプリのアクティビティ] 次の操作 [アクティビティを管理] をクリックします。このページでは次のことが可能です。
    • 過去のアクティビティのリストを表示する: 音声アイコン 話す のあるアイテムには録音が含まれています。
    • 録音を再生する: 音声アイコン 話す の横にある [詳細] 次の操作 [録音を表示] 次の操作 再生アイコン 再生 をクリックします。

「文字に変換できません」というメッセージが表示される場合は、このアクティビティの実行中に背景のノイズが多すぎた可能性があります。

音声は、Google データ エクスポートを使用してダウンロードできます。詳しくは、音声や他の Google データをダウンロードする方法についての記事をご覧ください

ヒント: [マイ アクティビティ] ですべての履歴を表示する際に追加の認証プロセスが要求されるよう設定することで、セキュリティをさらに強化できます。

ウェブとアプリのアクティビティから音声録音を削除する

重要: 他の設定によっては、音声録音は別の場所に保存されている場合があります

アイテムをひとつずつ削除する

  1. Google アカウントに移動します。
  2. 左上にある [データとプライバシー] をクリックします。
  3. [履歴の設定] で、[ウェブとアプリのアクティビティ] 次に [アクティビティを管理] をクリックします。このページでは、過去のアクティビティのリストを確認できます。音声アイコン 話す のあるアイテムには録音が含まれています。
  4. 削除するアイテムの横にあるその他アイコン その他次に [削除] を選択します。

すべてのアイテムを一度に削除する

重要: この手順では、録音が含まれるアイテムだけでなく、ウェブとアプリのアクティビティのすべてのアイテムが削除されます。

  1. Google アカウントに移動します。
  2. 左上にある [データとプライバシー] をクリックします。
  3. [履歴の設定] で、[ウェブとアプリのアクティビティ] 次に [アクティビティを管理] をクリックします。このページでは、過去のアクティビティのリストを確認できます。音声アイコン 話す のあるアイテムには録音が含まれています。
  4. アクティビティの上にある削除アイコン 次に [全期間] をクリックします。
  5. 画面上の指示に沿って操作します。

音声録音を自動的に削除する

重要: この手順では、音声録音が含まれるアイテムだけでなく、ウェブとアプリのアクティビティのすべてのアイテムに対して自動削除が有効になります。

  1. パソコンで Google アカウントにアクセスします。
  2. 左上にある [データとプライバシー] をクリックします。
  3. [履歴の設定] で、[ウェブとアプリのアクティビティ] 次に [アクティビティを管理] をクリックします。
  4. アクティビティの上にある検索バーで、その他アイコン その他 次に [保存期間の設定] を選択します。
  5. アクティビティを保存する期間をボタンで指定 次に [次へ] 次に [確認] をクリックします。

Google は、音声認識技術やその技術を使用するサービスの開発、改善に不要になったと判断した場合、指定の期間が経過するよりも早く音声を削除することがあります。たとえば、言語によっては、時間の経過とともに必要な音声が少なくなる場合があります。

この音声アクティビティ設定について

Google サービスに話しかけると、Google は音声認識技術を使用して音声を処理し、応答します。たとえば、マイクアイコンをタップして音声で検索すると、Google の音声認識技術によって発話内容が単語やフレーズに変換され、インデックス内で検索されて、最も関連性の高い結果が表示されます。

ユーザーが Google のサイト、アプリ、サービスで行った操作は、Google サーバー上で Google アカウントのウェブとアプリのアクティビティに保存されます。これには場所などの関連情報が含まれる可能性があります。特定の操作は保存されない場合があります。

この任意の音声アクティビティ設定では、Google 検索、Google アシスタント、Google マップを操作した際、音声録音をウェブとアプリのアクティビティに保存することもできます。音声アクティビティ設定は、ユーザーがオンに設定しない限りオフになっています。

この設定は、Google 検索、Google アシスタント、Google マップにログインしているすべての状況(たとえば、Google アシスタント アプリと Google Home スマート スピーカーの両方でアシスタントを使用する場合)に影響します。

音声録音の利用方法

Google は、この設定がオンになっているときに保存された音声を利用して、Google の音声認識技術とそれを使用する Google サービス(Google アシスタントなど)の開発と改良を行っています。

音声レビュー プロセス

音声技術を改良する目的で、この設定がオンになっている場合に保存された音声録音のサンプルは、トレーニングを受けたレビュー担当者が聞き取って文字に起こし、注釈を付けて、分析することがあります。これにより、騒音の多い環境で発せられた音声や特定の言語で話された音声などをより正確に認識できるようになります。このプロセスでは、プライバシーを保護するための措置が講じられています。たとえば、レビュー担当者が音声を分析する際に、音声とアカウントの関連付けが削除されます。

このプロセスは、Google サービスが会話の内容を理解する精度を改善するために役立ちます。たとえば、Google は、データが豊富な言語の音声の文字起こしを使用して単一モデルをトレーニングすることで、データが少ない言語の自動音声認識を改良しています。これにより、リアルタイムの多言語音声認識が可能になりました。

音声認識技術

重要: この情報は、2022 年 6 月 6 日以降に音声アクティビティをオンにした場合に適用されます。

Google の一部の音声認識技術(Voice Match など)では、類似する音声を一致させたり、異なる音声を区別したりしますが、こうした機能は独自の音声を学習させることで強化することもできます。Voice Match をオンにして Google アシスタントを使用し、この音声アクティビティ設定をオンにしている場合、Google は、Google の音声認識技術とそれを使用する Google サービスの開発と改良を行う目的で、保存された音声録音から生成される音声のモデルを一時的に処理することもあります。音声録音と他の設定との連携の仕組みをご覧ください。

このプロセスでは、プライバシーを保護するための措置が講じられています。具体的には、保存された音声録音からその音声のモデルが生成される場合、そのモデルとアカウントの関連付けは削除されます。そして、モデルは Google の音声認識技術を改良するために一時的に処理され、その後削除されます。この個別の音声処理には最大で 7 日かかります。一部の地域の適用法令では、音声モデルが生体認証データと見なされる場合があります。

この音声アクティビティ設定がオンになっている場合

ウェブとアプリのアクティビティでこの音声アクティビティ設定がオンになっている場合、Google 検索、Google アシスタント、Google マップを操作したときの音声録音が、Google サーバー上で Google アカウントのウェブとアプリのアクティビティに保存されます。

音声は、デバイスがアクティベーションを検出したときに保存されます。デバイスがサポートするアクティベーションのタイプには、「OK Google」、クイック フレーズ(オンにした場合)、連続した会話、マイクアイコンのタップなど、さまざまなものがあります。デバイスによっては、リクエストを完全に理解してアクティベーションを検出するまでに数秒かかることがあります。

デバイスが「OK Google」のように聞こえるノイズをアクティベーションとして誤検出した場合、その音声が保存されることがあります。Google は、意図しないアクティベーションが少なくなるようにシステムの改良を続けています。

インターネット接続なしでデバイスを使用している場合、音声はオンラインに復帰した時点で Google アカウントに保存される場合があります。

この音声アクティビティ設定がオフになっている場合

この音声アクティビティ設定をオフにすると、Google 検索、Google アシスタント、Google マップを操作したときに、音声録音が Google サーバー上で Google アカウントのウェブとアプリのアクティビティに保存されなくなります。その後も、Google サービスに話しかけると、Google は引き続き音声を処理し、応答します。

この設定をオフにすると、以前この設定がオンになっていたときに保存された音声録音は、Voice Match などの音声認識技術の改良に使用されなくなります。ただし、ユーザーが削除しない限り、他の音声認識技術の改良には引き続き使用される場合があります。

以前に保存された音声録音は、activity.google.com のウェブとアプリのアクティビティで削除できます。

音声録音が保存される他の場所

この音声アクティビティ設定は、次の音声には影響しません。

  • 他の Google サービス(Google Voice や YouTube など)によって保存および管理される音声。
  • 個人の Voice Match の設定と調整、デバイス上でのその他の音声認識技術のカスタマイズなどの目的でデバイスに保存される音声。

この設定に影響されないその他の機械学習プロセスは、フェデレーション ラーニングやエフェメラル ラーニングによる音声認識技術の改良に使用されることがあります。次に例を示します。

  • [Gboard の改善] の設定をオンにすると、Gboard はフェデレーション ラーニングと呼ばれる技術を使用してユーザーのデバイスに音声を保存し、処理することがあります。これにより、Google サーバーに発話内容を送信することなく、あらゆるユーザーのために音声認識を改良できます。[Gboard の改善] の設定で Gboard の機能が向上する仕組みをご覧ください。
  • Google は、音声認識技術を改良するために、エフェメラル ラーニングと呼ばれる技術を使用して、リアルタイムで音声を処理および分析する場合があります。この技術では、ウェブとアプリのアクティビティで音声を保存する必要がありません。

Google による音声モデルの改善方法の詳細

関連リソース

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

次の手順をお試しください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
100334
false
false