セーフサーチをオンまたはオフにする

セーフサーチを使用すると、Google 検索結果から不適切な画像を含む画像をブロックできます。セーフサーチ フィルタは 100% 正確というわけではありませんが、ほとんどのアダルト コンテンツを除外できます。

セーフサーチをオンまたはオフにする

パソコン

セーフサーチをオンまたはオフにする

  1. [検索の設定] ページにアクセスします。
  2. [セーフサーチ フィルタ] 項目に移動します。
    • [不適切な検索結果を除外] チェックボックスをオンにすると、セーフサーチがオンになります。
    • [不適切な検索結果を除外] チェックボックスをオフにすると、セーフサーチがオフになります。
  3. ページの下部にある [保存] をクリックします。

セーフサーチを常にオンにする

セーフサーチをロックすることにより、パソコンを借りて使用しているお子様など他のユーザーがセーフサーチの設定をオンからオフに変更できないよう指定できます。セーフサーチを常にオンにするには、[検索の設定] ページの [セーフサーチをロック] をクリックします。詳しくは、セーフサーチのロックに関する記事をご覧ください。

セーフサーチ設定が常にオフになる

お使いのパソコンで Cookie が有効になっていると、セーフサーチはオンのままになります。Cookie を削除すると、セーフサーチ設定がリセットされます。

インターネット サービス プロバイダ(ISP)またはネットワーク管理者によって、セーフサーチの設定が上書きされることがあります。選択したセーフサーチ設定が検索結果に適用されていないと思われる場合は、ISP またはネットワーク管理者までお問い合わせください。

スマートフォンのブラウザ
  1. [検索の設定] ページにアクセスします。
  2. [セーフサーチ フィルタ] 項目に移動します。
    • [不適切な検索結果を除外] を選択すると、セーフサーチがオンになります。
    • [最も関連性の高い検索結果を表示] を選択すると、セーフサーチがオフになります。
  3. ページの下部にある [保存] をタップします。
Android アプリ
  1. Google アプリ を開きます。
  2. ページの左上でメニュー アイコン menu icon > [設定] > [アカウントとプライバシー] をタップします。
  3. [セーフサーチフィルタ] まで下にスクロールします。
    • チェックボックスをオンにすると、セーフサーチがオンになります。
    • チェックボックスをオフにすると、セーフサーチがオフになります。
iPhone または iPad アプリ
  1. Google アプリ を開きます。
  2. ホーム画面の左上にある歯車アイコン Settings をタップします(Google Now を表示している場合は、下にスクロールするとホーム画面に戻ります)。
  3. [セーフサーチ] をタップします。
  4. 設定として、[スマート] または [] を選択します。
  5. [完了] をタップします。
タブレットのブラウザ

セーフサーチをオンまたはオフにする

  1. [検索の設定] ページにアクセスします。
  2. [セーフサーチ フィルタ] 項目に移動します。
    • [不適切な検索結果を除外] チェックボックスをオンにすると、セーフサーチがオンになります。
    • [不適切な検索結果を除外] チェックボックスをオフにすると、セーフサーチがオフになります。
  3. ページの下部にある [保存] をタップします。

セーフサーチを常にオンにする

セーフサーチをロックすることにより、パソコンを借りて使用しているお子様など他のユーザーがセーフサーチの設定をオフに変更できないようにすることができます。セーフサーチを常にオンにするには、[検索の設定] ページの [セーフサーチをロック] をタップします。詳しくは、セーフサーチのロックに関する記事をご覧ください。

セーフサーチ設定が常にオフになる

タブレットで Cookie が有効になっていると、セーフサーチはオンのままになります。Cookie を削除すると、セーフサーチ設定がリセットされます。

インターネット サービス プロバイダ(ISP)またはネットワーク管理者によって、セーフサーチの設定が上書きされることがあります。選択したセーフサーチ設定が検索結果に適用されていないと思われる場合は、ISP またはネットワーク管理者までお問い合わせください。

Android TV
  1. Android TV のホーム画面で、下にスクロールして [設定] を選択します。
  2. [設定] の下で、[検索] > [セーフサーチフィルタ] を選択します。
  3. [オン] または [オフ] を選択します。

セーフサーチの仕組み

セーフサーチをオンにすると、Google 検索結果のページから、露骨な性描写を含む動画や画像だけでなく、不適切なコンテンツにリンクされている可能性がある検索結果も除外されます。

セーフサーチをオフにすると、検索キーワードに最も関連性の高い結果が表示され、意図的に検索している場合は、不適切なコンテンツが表示されることがあります。

不適切なコンテンツを報告する

Google ではセーフサーチ フィルタが可能な限り完全に機能するようにしていますが、時にはポルノやヌードなどの性的画像が表示されてしまうこともあります。セーフサーチで不適切な検索結果を除外するように設定していても、不適切なサイトや画像が表示される場合は、Google までお知らせください。

ウェブページの報告する

こちらのツールを使用して、不適切なコンテンツを報告してください。

画像の報告

パソコン

  1. 検索結果ページの不適切な画像をクリックします。
  2. 画像の右下にある [フィードバックを送信] をクリックします。

スマートフォンのブラウザ

Chrome や Safari などのモバイル ブラウザを使用している場合は、下記の手順で不適切な画像を報告してください。

  1. 画像をタップして、拡大表示します。
  2. ページの右下にあるメニュー アイコンをタップします。Menu
  3. [フィードバックを送信] をタップします。

タブレット

  1. 検索結果ページの不適切な画像をタップします。
  2. 画像の右下にある [フィードバックを送信] をタップします。

セーフサーチをロックする

パソコンやタブレットの場合、セーフサーチをロックすることで、他のユーザーがセーフサーチの設定をオンからオフに変更できないように指定できます。周囲にお子様がいる場合や、パソコンを他のユーザーに貸す場合などに便利です。

セーフサーチをロックまたはロック解除する
  1. [検索の設定] ページにアクセスします。
  2. セーフサーチをオンにするには、[不適切な検索結果を除外] チェックボックスをオンにします。
  3. セーフサーチをロックするには、[不適切な検索結果を除外] の横にある [セーフサーチをロック] をクリックします。この時点で、ログインを求められることがあります。
  4. ログインしたら、[セーフサーチをロック] をクリックし、セーフサーチをロックすることを確認します。
  5. ロックがオンになると、確認ページが表示されます。

セーフサーチのロックを解除するには、上の手順に沿って進め、[セーフサーチをロック] ではなく [セーフサーチのロックを解除] をクリックします。

複数のブラウザや端末でセーフサーチをロックする
  • パソコンやタブレットに複数のブラウザがインストールされている場合、パソコンやタブレット上のそれぞれのブラウザでロックを設定する必要があります。
  • パソコンやタブレットに複数のユーザー プロフィールが存在する場合、プロフィールごとにロックを設定する必要があります。
  • セーフサーチのロックが機能するのは、お使いのブラウザで Cookie が許可されている場合のみです。
ネットワーク管理者向けのセーフサーチをロックするための高度な手法

ウェブ トラフィックにプロキシを配置する場合は、Google に送信されたすべての検索リクエストに &safe=strict を付加するようにプロキシを設定できます。このパラメータを付加すると、検索設定ページでの設定にかかわらず、すべての検索にセーフサーチ(強)が適用されます。

この手法は、SSL を使用する検索では機能しません。詳しくは、SSL 検索についての記事をご覧ください。

セーフサーチがロックされているかどうかを確認する方法

セーフサーチがロックされていると、すべての検索ページの上部に [セーフサーチはロックされています] というメッセージと、色付きのボールが表示されるようになります。

lock safesearch screenshot