非公開での検索とブラウジング

検索の際にどの情報を Google と共有するかは、ユーザーが管理できます。よりプライベートにウェブをブラウジングするには、シークレット ブラウジングを使用する、アカウントからログアウトする、結果のカスタマイズの設定を変更する、過去のアクティビティを削除する、などの方法を利用できます。

ウェブ アクティビティを保存せずにウェブを検索したい場合は、ブラウザ(Chrome や Safari など)のシークレット ブラウジング モードを使用します。

シークレット ブラウジングの仕組み

  • 検索内容、アクセスしたサイト、ダウンロードしたファイルが閲覧履歴やダウンロード履歴に記録されることはありません。
  • シークレット ブラウジングのウィンドウを閉じると、Cookie は削除されます。
シークレット ブラウジング モードを開く
非公開で検索する方法については、下記の各ブラウザの記事をご覧ください。
Google アカウントからログアウトする

ログアウトしているかどうかは、次の手順で確認します。

  1. google.com などの Google ページに移動します。
  2. ページの右上を確認します。
    • [ログイン] ボタンが表示されている場合は、すでにアカウントからログアウトしています。
    • [ログイン] ボタンが表示されていない場合は、ご自分の画像またはメールアドレスをクリックし、[ログアウト] をクリックします。
カスタマイズされた結果をすべて削除する

ログアウトしている状態でも、検索結果や表示される広告がカスタマイズされることがあります。たとえば、クリックする検索結果(アプリへのリンクも含みます)に基づいて検索結果や広告が表示されることがあります。

こうした結果を削除するには、以下の手順を行います。

  1. Google 広告の管理のページを開きます。
  2. Google アカウントにログインしていない場合は、ログインします。
  3. [広告のカスタマイズ] の横にある設定をオフにします。これにより、誰か他のユーザーがログインするまでは、同じブラウザと端末を使用するすべてのユーザーに対して設定が無効になります。

過去の検索内容や閲覧履歴の削除

過去の検索内容の削除、検索内容の保存の停止

過去の検索内容を削除する、またはウェブとアプリのアクティビティを無効にする(今後の検索内容が保存されないようにする)方法についての記事をご覧ください。

ブラウザ履歴の削除

最近の履歴の削除

検索内容、表示したページ、その他のウェブ アクティビティが、ブラウザや Google ツールバーに保存される場合があります。履歴を削除する方法については、ChromeInternet ExplorerSafariツールバーFirefox の各ページをご覧ください。

過去のブラウジング履歴の削除

過去のブラウジングやダウンロードの履歴は、ブラウザのキャッシュに保存される場合があります。ブラウザのキャッシュや Cookie を削除する方法については、ChromeInternet ExplorerSafariFirefox の記事をご覧ください。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。