検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

SSL 検索

SSL(Secure Sockets Layer)検索を使用すると、プライバシーが保護された、より安全な検索をお楽しみいただけます。

SSL を有効または無効にする

SSL の設定は、ユーザーが変更する必要はありません。https://www.google.co.jp で検索する限り、SSL 検索を使用していることになります(「https」の「s」は「secure(安全)」を意味します)。

SSL 検索を使用しない場合は、http を使用したウェブアドレスを代わりに使用します。

SSL でデータを保護する仕組み

SSL では、パソコンと Google 間の接続を暗号化します。これにより、第三者(インターネット カフェ、インターネット サービス プロバイダ、Wi-Fi アクセス ポイントなど)による検索内容やログイン情報の傍受を防ぎます。

制限事項

SSL は、Google の他のサービス(Gmail や Google カレンダーなど)から渡される個人情報が含まれる可能性のある検索結果の保護には役立ちますが、これだけでセキュリティが万全というわけではありません。

SSL では、以下の情報が常に秘匿されるとは限りません。

  • google.co.jp にアクセスしたこと
  • 入力した検索キーワード

たとえば、Google 検索結果ページから別のウェブサイトにアクセスすると、そのウェブサイトでは、どこからそのサイトにアクセスしたかや、その際に使用した検索キーワードを特定できる可能性があります。

学校での SSL

学校などの組織で、SSL を使用すると、ペアレンタル コントロール、監視プログラム、監査用ソフトウェアなどに影響がある場合は、学校での成人向けコンテンツのブロックについて詳細をご確認ください。

このヘルプページを作成した検索エキスパートの Katie に、このページに関するフィードバックをぜひお送りください。

この記事は役に立ちましたか?