通知

Users can now migrate Google Podcasts subscriptions to YouTube Music or to another app that supports OPML import. Learn more here

パーソナライズと Google 検索結果

パーソナライズを使用すると、アクティビティに基づいてユーザーに合った Google 検索結果が表示されます。パーソナライズは、より関連性の高い有益な情報を提供できる場合にのみ使用されます。このページでは、Google がアカウントに基づく情報を表示する方法と、それを管理する方法について説明します。

ヒント: 検索結果は、言語設定や地域に合わせた検索結果など、パーソナライズ以外の理由で、ユーザーによって異なる可能性があります。

アカウントに基づく情報を確認する

パーソナライズは、すべての検索結果に影響するわけではありません。検索結果はパーソナライズされている場合もあれば、パーソナライズされていない場合もあります。

個々の検索結果がパーソナライズされている場合は、[この結果について] パネルに [検索結果はあなた向けにカスタマイズされています] というメッセージが表示されます。このメッセージが表示されていない場合、検索結果はパーソナライズされていません。

検索結果の機能によって、複数のアカウントに基づく情報が表示されることがあります。たとえば、おすすめの動画コンテンツを検索すると、おすすめがパーソナライズされることがあります。パーソナライズが行われている場合は、この機能とともに、「あなたへのおすすめ」などのメッセージが表示されます。

パーソナライズをオフにする

パーソナライズをオフにすると、パーソナライズを使用して有益な個々の検索結果やパーソナライズを必要とする機能が表示されることはなくなります。また、この設定の変更による影響は以下のとおりです。

  • オートコンプリートで過去の検索が表示される機能が無効になります。
  • Google アカウント内に保存されているアクティビティが一時停止または削除されることはありません。保存されたアクティビティは、データとプライバシーの管理でいつでも一時停止または削除できます。
  • アプリやウェブサイトの設定は無効化または削除されません。たとえば、言語設定や検索設定(1 ページあたりの検索結果の表示件数など)は設定であるため、影響を受けません。
  • 保存したコンテンツが無効化または削除されることはありません。たとえば、コレクションに保存済みのアイテム、フォローしている株価情報、自宅と職場の住所などは影響を受けません。

ログインしている際にパーソナライズをオフにするには、[アカウントに基づく情報の表示] をオフにします。[ウェブとアプリのアクティビティ] をオフにした場合も、パーソナライズがオフになります。Google アカウントからログアウトしている際にパーソナライズをオフにするには、[検索のカスタマイズ] をオフにします。

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

次の手順をお試しください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー