Google の統計情報とデータについて

Search Console では、アカウントに追加したサイトに関する情報やデータを見ることができます。このデータを利用して、検索エンジンによるサイト内コンテンツのクロールやインデックス登録がより効果的に行われるようにすることができます。

データの一部が不足している、または古くなっていると思われる場合

Search Console にサイトを追加してから、診断データやその他のデータが利用可能になるまで、しばらく時間がかかる場合があります。

1 週間が経過しても、新しいサイト www.example.com に関するデータが表示されない場合、サイトを http://example.com として追加した可能性があります。Search Console では、example.com と www.example.com は異なるプロパティとして認識されます。データの一部が不足していると思われる場合は、ドメインの www バージョンと、www を含めないバージョンの両方を Search Console のアカウントに追加し、両方のサイトのデータを調べます。

www を含めないドメインの site: 検索(例: 「site:example.com」)を試してみます。この検索では、そのドメインのページと、インデックスに登録されているサブドメイン(www.example.com、rollergirl.example.com など)のページが検索結果として表示されます。その結果から、ご自分のサイトで主にインデックスに登録されているのは、www を含めたサブドメインか、含めていないサブドメインかがわかります。多くの場合、インデックスに登録されているバージョンのデータが、Search Console アカウントに最も多く表示されます。詳しくは、ページの正規版を指定する方法についての記事をご覧ください。

Search Console のデータと Google アナリティクスのデータが一致しない理由

Search Console に表示されるデータは、Google アナリティクスなどの他のツールに表示されるデータと異なる場合があります。これには次の理由が考えられます。

  • 最終更新日以降、サイトがクロールされていない。
  • Search Console では、重複アクセスやロボットのアクセスを削除するなど、追加のデータ処理が行われるため、他のソースに表示される統計情報と異なる場合がある。
  • Google アナリティクスなど一部のツールでは、ブラウザで JavaScript を有効にしているユーザーのトラフィックのみがトラッキングされる。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。