関連付け

Search Console プロパティを別の Google サービスに関連付ける

関連付けの設定ページで、すべてのプロパティの関連付けを確認または管理できます。

 

関連付けの設定ページを開く

関連付けについて

関連付けとは、Search Console プロパティと、別の Google サービスの他のエンティティまたはプロパティとのつながりのことです(例: Search Console プロパティと、Google アナリティクスのプロパティ、YouTube チャンネル、または Chrome ウェブストア アカウントなど)。Search Console プロパティの関連付けは、通常は他のエンティティの所有者から Search Console プロパティ所有者にリクエストされます。

関連付けによる影響は、関連付けのタイプによって異なります。たとえば、Google アナリティクスとの関連付けでは、関連付けられた Google アナリティクスのプロパティと Search Console の掲載結果データが共有されます。また、Android Play ストア アプリとの関連付けにより、アプリのインデックス登録が可能になります(関連付けられたアプリへのディープリンクが Google 検索の検索結果に表示されます)。

関連付けのすべてのメリットについては、サービス ドキュメント内の関連付けをご覧ください。

関連付けのタイプ

以下の項目は Search Console プロパティに関連付けることができます。

  • Google アナリティクスのプロパティ
  • Chrome ウェブストアのアカウント
  • Android Play ストア アプリ
  • Google 広告アカウント
  • YouTube チャンネル
  • Google アシスタント Actions Console プロジェクト

他のサービスの関連付けのヘルプページで、関連付けを作成した場合の影響についてご確認ください。

関連付けの流れ

Google アナリティクス以外のすべての関連付けリクエストは、サイトとの関連付けをリクエストしているサービスで実行する必要があります。関連付けの流れは次のとおりです。
  1. 別の Google サービスのプロパティ所有者が、サイトとの関連付けをリクエストします。リクエストは、そのサービスのインターフェースを使用して行われます。たとえば、YouTube チャンネルの場合、チャンネル所有者は YouTube Studio の設定ページを使用します。リクエスト送信者は、サイトのルート URL との関連付けをリクエストします。
  2. Search Console から、該当する Search Console プロパティのすべてのプロパティ所有者にリクエスト通知が送信されます。
  3. Search Console プロパティ所有者は通知を受け取り、Search Console の関連付けの設定ページでリクエストを承認または拒否します(リクエスト送信者と承認者が同じ Google アカウントである場合、リクエストは通知なしで自動的に承認されます)。

1 つの Search Console プロパティを複数の他のエンティティに関連付けることができます(たとえば、example.com は YouTube チャンネルと Android アプリの両方に関連付けることができます)。

関連付けをリクエストする

Google アナリティクスのプロパティまたは別のサービスとの関連付けをリクエストできます。

1 つの Google アナリティクスのプロパティに関連付けられるのは、一度に 1 つの Search Console プロパティのみで、1 つの Search Console プロパティに関連付けられるのも 1 つの Google アナリティクスのプロパティのみです。以前に作成したアナリティクスとの関連付けが消失した場合は、お客様ご自身または別のサイト所有者が、関連付けを削除したか、別の関連付けで上書きしたということです。

Google アナリティクスとの関連付けをリクエストする

Google アナリティクスのプロパティと Search Console のプロパティを関連付けることで、Search Console のデータを直接 Google アナリティクスに表示できるようになります。

Search Console から Google アナリティクスの関連付けられたプロパティにエクスポートされる Search Console データは、Google アナリティクスの利用規約の対象になります。また、Google アナリティクスのプロパティから関連付けられた Search Console プロパティにエクスポートされるデータには、Search Console の利用規約の対象になります。

Google アナリティクスのプロパティを Search Console のプロパティに関連付ける方法をご覧ください。

Search Console プロパティと Google アナリティクス プロパティを関連付けると、デフォルトで、そのプロパティに関連付けられたすべてのレポートビューに対して Search Console のデータが有効になります。その結果、その Google アナリティクス プロパティまたはいずれかのビューにアクセスできる人は誰でも、そのサイトの Search Console データを見ることができるようになる可能性があります。たとえば、Google アナリティクス管理者がユーザーをプロパティまたはビューに追加すると、そのユーザーは検索最適化レポートの Search Console データを表示できるようになる可能性があります。

Google アナリティクスのアカウント管理者は、アナリティクス プロパティを 1 つのアナリティクス アカウントから別のアナリティクス アカウントに移行できます。関連付けられたすべての Search Console プロパティでは移行の一環として関連付けが維持されます。移行後は、新しいアナリティクス アカウントのすべてのユーザーが、Search Console での通知なしで、関連付けられた Search Console プロパティのデータを確認できるようになります。詳細

別のサービスとの関連付けをリクエストする

Google アナリティクス以外のすべてのサービスでは、各サービスの管理コンソールを使用して Search Console プロパティとの関連付けをリクエストします。たとえば、YouTube では [チャンネルの詳細設定] ページを使用します。サービスのヘルプセンターを検索して、ウェブサイトとの関連付けをリクエストする方法をご確認ください。

関連付けリクエストを承認または拒否する

関連付けリクエストを受け取った場合は、そのアカウントとサイトを関連付けるかどうかを決定します。関連付けにより他のサービスに付与される権限を確認します。関連付けを行うには、[保留中のリクエスト] の表のリクエストの横にある [承認] をクリックします。それ以外の場合は、[拒否] をクリックします。承認または拒否していない承認リクエストは、[保留中のリクエスト] の表に無期限に残ります。

関連付けを削除する

プロパティでは、すべての関連付けタイプをいつでも削除できます。
Search Console で関連付けを削除するには:
  1. Search Console プロパティの所有者である必要があります。
  2. Search Console の 関連付けの設定ページを開きます。
  3. 表内で削除する関連付けを探します。
  4. その他アイコン More を選択し、[関連付けを削除] をクリックします。

他のサービス内で Search Console の関連付けを削除するには、関連付けをリクエストするのと同じように、他のサービスの管理コンソールを使用します。

関連付けの設定ページについて

関連付けの設定ページでは、すべてのサイトの有効な関連付けおよび保留中の関連付けが表示されます。有効な関連付けは、お客様または別の Search Console プロパティ所有者により承認されています。保留中のリクエストは、Search Console プロパティ所有者によってまだ承認または拒否されていない関連付けリクエストです。関連付けを削除すると、その履歴は失われます。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。