検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

noindex を使用して検索インデックス登録をブロックする

ページが Google 検索に表示されないようにするには、noindex メタタグをページの HTML コードに挿入するか、HTTP リクエストで「noindex」ヘッダーを返します。Googlebot はそのページを次にクロールしたときに、このタグまたはヘッダーを検出すると、他のサイトがそのページにリンクしているかどうかにかかわらず、そのページを Google 検索結果から完全に削除します。

重要: noindex メタタグが有効に機能するようにするために、robots.txt ファイルでページをブロックしないでください。ページが robots.txt ファイルでブロックされると、クローラは noindex タグを認識しません。そのため、たとえば他のページからリンクされていると、ページは検索結果に引き続き表示される可能性があります。

noindex を使用すると、サイトへのアクセスをページ単位で制御できるため、サーバーに対するルートアクセス権がない場合に便利です。

noindex の実装

noindex はメタタグと HTTP レスポンス ヘッダーの 2 つの方法で実装できます。どちらを選んでも効果に違いはありませんが、サーバーをどの程度制御しているか、また公開プロセスに基づいて、より利便性の高い方法を選択することをおすすめします。

<meta> タグ

サイトのページをほとんどの検索エンジン ウェブクローラのインデックス登録対象から除外するには、次のメタタグをページの <head> セクションに挿入します。

<meta name="robots" content="noindex">

ページのインデックス登録を Google ウェブクローラのみが実行できないようにするには:

<meta name="googlebot" content="noindex">

検索エンジン ウェブクローラによっては noindex ディレクティブを別の意味に解釈する可能性があります。このため、他の検索エンジンではページが検索結果に引き続き表示される可能性があります。

noindex メタタグについて詳細をご確認ください

Google がメタタグを特定できるようにする

Google がメタタグを認識するには、ページをクロールする必要があります。検索結果にページが引き続き表示される場合は、タグを追加した後でサイトがクロールされていない可能性があります。Fetch as Google ツールを使用すれば、Google にページの再クロールをリクエストすることができます。また、robots.txt ファイルがこの URL を Google ウェブクローラからブロックしているため、タグを認識できない、という理由も考えられます。Google からのページのブロックを解除するには、robots.txt ファイルを編集する必要があります。robots.txt の編集やテストは robots.txt テスターツールで行えます。

HTTP レスポンス ヘッダー

メタタグを使用せずに、ページ リクエストへのレスポンスで X-Robots-Tag: noindex ヘッダーを返すこともできます。X-Robots-Tag を使用してクローラにページをインデックス登録しないように指示している HTTP レスポンスの例を次に示します。

HTTP/1.1 200 OK Date: Tue, 25 May 2010 21:42:43 GMT (…) X-Robots-Tag: noindex (…)

noindex レスポンス ヘッダーについて詳細をご確認ください

次へ: Google+ などの Google サービスに表示されないようにする

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。