Search Console の概要

Google Search Console は、Google 検索結果でのサイトの掲載順位を監視、管理、改善するのに役立つ Google の無料サービスです。Search Console に登録しなくても Google 検索結果にサイトが表示されるようにすることはできますが、Search Console に登録することで、Google のサイトに対する認識を理解し、改善できるようになります。

Search Console には、以下を行うためのツールとレポートが用意されています。

  • Google がサイトを検出してクロールできることを確認する。
  • インデックス登録に関する問題を修正し、新規コンテンツや更新したコンテンツのインデックス再登録をリクエストする。
  • サイトの Google 検索トラフィック データ(サイトが Google 検索結果に表示される頻度、サイトが表示されたときの検索クエリ、検索クエリに対して検索ユーザーがクリックスルーする頻度など)を表示する。
  • Google がインデックス登録やスパムなどのサイトに関する問題を検出したときにアラートを受信する。
  • ウェブサイトにリンクしているサイトを表示する。
  • AMP、モバイル ユーザビリティ、その他の検索機能に関する問題を解決する。

Search Console の対象ユーザー

ウェブサイトにかかわるすべての方が対象です。ジェネラリストからスペシャリスト、初心者からベテランまで、どなたにもお使いいただけます。

  • ビジネス オーナー: Search Console を自分で使用しない場合でも、Search Console について認識し、サイトを検索エンジン用に最適化するための基本を理解し、Google Search で利用できる機能について知っておく必要があります。
  • SEO スペシャリストまたはマーケティング担当者: オンライン マーケティングの担当者は、Search Console を使用すると、ウェブサイト トラフィックを監視し、ランキングを最適化し、検索結果でのサイトの表示に関して十分な情報を得たうえで意思決定ができるようになります。Search Console の情報を活用してウェブサイトの技術的な決定に関わることも、アナリティクス、Google トレンド、Google 広告などの Google ツールと組み合わせて詳細なマーケティング分析を行うこともできます。
  • サイト管理者: サイト管理者はサイトが適切に運営されているかをチェックします。Search Console なら、サーバーエラー、サイトの読み込みエラー、ハッキングやマルウェアなどのセキュリティの問題を簡単に監視し、場合によっては解決できます。また、検索パフォーマンスに関連してサイトのメンテナンスや調整をスムーズに行うことができます。
  • ウェブ デベロッパー: サイトの実際のマークアップやコーディングを行っている場合は、Search Console を使用すると、構造化データでのエラーなど、マークアップに関する一般的な問題を監視、解決できます。

 

次のステップ: Search Console を使ってみる

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。