検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

HTML の改善

[HTML の改善] ページには、クロール時やインデックス登録時に Google が検出したサイトの潜在的な問題が表示されます。このレポートを定期的に確認し、ユーザーの利便性を高めると同時に Google 検索結果ページでの掲載順位を上げる可能性のある変更について認識することをおすすめします。

 

HTML の改善レポートを開く

 

これらの問題により、サイトがクロールまたはインデックスに登録されないわけではありませんが、これらに配慮することで、ユーザーの利便性が向上し、サイトへのトラフィックの増加につながる場合があります。たとえば、タイトルタグとメタデータ(description)のテキストは検索結果ページに表示される場合があり、内容を表す有益なテキストはユーザーがクリックする可能性が高くなります。

サイトのデータを確認するには、アカウントにサイトを追加済みで、所有権の確認が済んでいる必要があります。また、サイトのクロールとインデックス登録が完了していない場合、このデータは表示されません。

このページに表示されるデータには次のものがあります。

  • タイトルタグの問題: ページのタイトルがない、重複しているなど、ページのタイトルタグに関する潜在的な問題です。
  • メタ ディスクリプションの問題: 存在しない、重複しているなど、メタ ディスクリプションに関する潜在的な問題です。
  • インデックス不可コンテンツの問題: 一部のリッチメディア ファイル、動画、画像など、インデックスに登録できないコンテンツを含むページです。

Google では、サイトレポートで提供するデータの種類や品質の向上に取り組んでおり、これらのデータは随時変更される可能性があります。

[HTML の改善] ページを表示する:

  1. Search Console のホームページで、該当するサイトをクリックします。
  2. 左側のメニューで [検索のデザイン]、[HTML の改善] の順にクリックします。
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。