検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

Google がサポートしているメタタグ

メタタグは、サイトの情報を検索エンジンに提供するうえで非常に便利です。メタタグを使用して、あらゆる種類のクライアントに情報を提供できます。各システムでは、サポートするメタタグのみを処理し、残りは無視されます。HTML ページの <head> セクションにメタデータを追加すると次のようになります。

<!DOCTYPE html>
<html>
  <head>
    <meta charset="utf-8">
    <meta name="Description" CONTENT="作者: A.N. Author, イラストレータ: P. Picture, 分類: 書籍, 価格:  9.24 ユーロ, ページ数: 784 ページ">
    <meta name="google-site-verification" content="+nxGUDJ4QpAZ5l9Bsjdi102tLVC21AIh5d1Nl23908vVuFHs34="/>
    <title>Example Books - high-quality used books for children</title>
    <meta name="robots" content="noindex,nofollow">

Google では次のメタタグとその関連アイテムをサポートしています。

<meta name="description" content="ページの説明" /> ページの簡単な説明を表します。検索結果に表示されるスニペットの一部として使用される場合もあります。詳細情報
<title>ページのタイトル</title> 技術的にはメタタグではありませんが、description タグと一緒に使用することがよくあります。通常、このタグのコンテンツは、検索結果のタイトルとしてユーザーのブラウザに表示されます。詳細情報
<meta name="robots" content="..., ..." />
<meta name="googlebot" content="..., ..." />
クロールとインデックス登録を行う検索エンジンの動作を制御します。robots メタタグはすべての検索エンジンに有効ですが、googlebot メタタグは Google でのみ有効です。既定値は「all」と同じ意味の「index, follow」で特に指定する必要はありません。Google では次の値をサポートしています(複数の値を指定する場合はカンマで区切ります)。
  • noindex: ページをインデックスに登録しないようにします。
  • nofollow: Googlebot がページのリンクを追跡しないようにします。
  • nosnippet: 検索結果にテキスト スニペットや動画プレビューを表示しないようにします。動画の場合は、代わりに静止画像を表示します(可能な場合)。
  • noarchive: Google でページのキャッシュ リンクを表示しないようにします。
  • unavailable_after:[date]: ページのクロールとインデックス登録を中止する正確な日時を指定します。
  • noimageindex: Google の検索結果に表示される画像の参照元ページとしてページを表示しないようにします。
  • none: noindex, nofollow と同じです。

HTTP ヘッダーの「X-Robots-Tag」ディレクティブを使用して、ページのヘッダーに情報を記述することもできます。これは、画像や他のドキュメントなど、HTML 以外のファイルに対するインデックス登録を制限する場合に特に便利です。robots メタタグについてご確認ください。

<meta name="google" content="nositelinkssearchbox" /> ユーザーがサイトを検索する場合、サイト専用の検索ボックスと、サイトに直接アクセスできる別のリンクが Google 検索結果に表示される場合があります。このメタタグを使用すると、サイトリンクの検索ボックスを表示しないよう Google に指示することができます。サイトリンクの検索ボックスをご確認ください。
<meta name="google" content="notranslate" /> ページのコンテンツがユーザーの言語と異なると判断された場合は、検索結果に翻訳版へのリンクが表示されることがあります。これにより、ご自分のコンテンツをより多くのユーザーに提供することができますが、状況によっては望ましくない場合もあります。このメタタグを使用すると、ページの翻訳版を提供しないよう Google に指示することができます。
<meta name="google-site-verification" content="..." /> サイトの最上位のページにこのタグを挿入すると、Search Console で所有権を確認できます。name 属性と content 属性は、大文字と小文字の区別など、指定されたとおりに記述する必要があります。ただし、XHTML から HTML にタグを変更したり、タグのフォーマットをページのフォーマットと同じにしたりしてもかまいません。詳細情報
<meta http-equiv="Content-Type" content="...; charset=..." />
<meta charset="..." >
ページのコンテンツ タイプと文字セットを定義します。content 属性の値は、引用符で囲んでください。そうでない場合、文字属性が正しく解釈されないことがあります。可能な場合は、Unicode/UTF-8 を使用することをおすすめします。詳細情報
<meta http-equiv="refresh" content="...;url=..." /> 一定の時間が経過するとユーザーを新しい URL にリダイレクトします。簡単な形式のリダイレクト機能として使用される場合もあります。ただし、一部のブラウザではサポートされないため、ユーザーを混乱させる可能性があります。W3C では、このタグを使用しないよう推奨しています(英語)。Google では、サーバーサイドの 301 リダイレクトを使用することをおすすめしています。

その他の注意事項:

  • Google では、ページで使用しているコードに関係なく、HTML と XHTML の両方のスタイルのメタタグをサポートしています。
  • verify タグを除き、ほとんどのメタタグでは大文字と小文字は区別されません。

上記は利用可能なメタタグの一部で、サイトにとって重要な場合は上記以外のメタタグも使用できます。ただし、Google でサポートされないメタタグは無視されますのでご注意ください。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。