Google から個人情報を削除する

個人情報漏えいへの対処

このページでは、特定のタイプの個人情報の削除を Google にリクエストする方法について説明します。

手順 1 - 情報が Google の削除ポリシーの対象かどうかを確認する

Google では、ウェブページに次のタイプの個人情報が含まれている場合に、自主的な削除ポリシーに基づいてそのページを検索結果から削除することがあります。

削除対象となる可能性のある情報:

  • 銀行口座番号
  • 国が発行する識別番号
  • 機密性の高い個人の医療記録
  • 手書きの署名の画像
  • 本人の同意なしに共有された、ヌードや露骨な性描写の画像または動画
  • 個人情報の盗難、金融詐欺などの重大なリスクを引き起こす可能性のあるその他の情報

情報が上記のいずれかのタイプの場合は、次の手順に進んでください。

ただし以下の情報は、Google の自主的な削除ポリシーの対象に含まれていません。

  • 生年月日
  • 住所
  • 電話番号
  • 本人、自宅、家族の写りの悪い画像や望ましくない画像(露骨な性描写の画像や本人の同意なしに投稿された画像を除く)
  • 最近のけがについてのソーシャル メディアの投稿

削除したい情報が、Google の自主的な削除ポリシーの対象に含まれていない場合は一般的な削除に関するページをご覧ください。

手順 2 - 情報が表示される場所を確認する

次の手順は、情報がどこに表示されているかによって異なります。

Google 検索結果のみ

ウェブサイトには表示されない(つまり、ページがすでに利用できなくなっているか、情報が削除されている):

  • 情報が Google 検索のオートコンプリートに表示される場合は検索候補を報告する方法をご確認ください。
  • 情報がウェブサイトには表示されないが、Google 検索結果には依然として表示される(つまり、Google によってキャッシュされている)場合は、古いコンテンツの削除リクエストを申請する必要があります。その際には、ページの正しい URL を必ずお知らせください (Search Console に登録済みで、確認済みのサイト所有者である場合は、URL の削除リクエストを申請し、下記のウェブサイト所有者向けの追加手順に進んでください)。

ウェブサイトのみ

Google 検索結果には表示されない:

  • 情報が Google 検索結果に表示されず、ウェブサイトにのみ表示される場合は、残念ながら Google にできることはありません。サイトのウェブマスターに連絡して、情報を削除するように依頼する必要があります。該当のウェブサイトの所有者の方は、下記の所有者向けの追加手順をご覧ください。

Google 検索結果とウェブサイトの両方

  • 情報が Google の自主的な削除ポリシーの対象でなく、ウェブサイトと Google 検索結果の両方に表示される場合はこちらのトラブルシューティングの手順に沿って削除リクエストを申請してください。その際には、ページの正しい URL を必ずお知らせください。 該当のウェブサイトの所有者の方は、下記の所有者向け追加手順をご覧ください。

コンテンツをホストするウェブサイトの所有者である場合

運営するウェブサイトのコンテンツを削除する必要がある場合は、以下の追加措置を講じることで、Google の検索結果に表示されないようにするとともに、サイトからコンテンツを削除できます(ウェブサイトの運営を担当していない場合は、サイトのウェブマスターに依頼してください)。

  1. 情報をホストしているページを特定する
  2. Google 検索からページを非表示にする
    • URL 削除ツールを使用して、Google 検索結果にページが表示されないようにします。ただし、この措置は一時的なものですので、必ず実際のページから情報を削除またはブロックするようにしてください実際のサイトを変更しないと、非表示にしたページが再び検索結果に表示されることがあります。ページ、ディレクトリ、サイト単位で非表示にできます。詳しくは、URL 削除ツールのドキュメントをご覧ください。サイトのコンテンツを削除したら、そのページのキャッシュも削除してください。コンテンツがすでに削除されていた場合は、キャッシュのみ削除してください。
  3. サイトから情報を削除する
    1. 適切な権限を持っている人に、ウェブサイトの変更を依頼します。
    2. 適切な方法で情報を削除またはブロックします。
      1. ページから情報を削除する(最も安全
      2. ログインを必須にする
      3. 「noindex」タグを使用してページを Google からブロックするか、robots.txt を使用して画像を Google からブロックする
      4. URL のブロック方法の詳細を確認する
  4. 情報が再び表示されないようにする
    • 検索演算子 site: を使用してサイト内を検索し、情報が表示されないか定期的にチェックします。例: site:example.com <個人情報>
    • ユーザーの個人データを扱うすべての人に、検索エンジンによるサイト上のデータの検出を防止する方法や、ユーザーデータへの匿名アクセスを防止する方法を周知します。

 

 

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。