新しい Search Console のベータ版

ようこそ

新しい Search Console では、ウェブマスターの皆様に、トラフィックの監視やサイトが Google にクロールされるようにするなどのサイト固有の業務に集中していただけるように、サービスのデザインが見直されています。

Search Console に登録しているほとんどのユーザーに対して、Google でサイトに問題があると判断された場合に、その問題と修正方法を記載した通知が送信されるようになります。ただし、今後も定期的に、またはサイトで新しいセクションの立ち上げ、ドメインの切り替え、ページの削除などの Search Console が検出または予想できない可能性のある操作をしたときに、Search Console にアクセスして自分のサイトを監視することをおすすめします。

新しい Search Console を開く

デザインが見直されたこのバージョンでは現在、一部の機能のみご利用いただけます。それ以外の機能については、同等の機能が新バージョンで提供されるまで、従来の Search Console レポートを引き続きご利用になれます。

ホームページ

新しい Search Console のホームページには、自分のサイトの合計クリック数で測定された掲載結果のグラフが表示されます。また、インデックス、AMP、構造化データのカバレッジなど、サイトについての主な指標を記載した表も表示されます。クリックしてこうした値の詳細を表示したり、発生している問題のトラブルシューティングを開始したりできます。

 

既知の問題

この新しい Search Console のベータ版には、次のような既知の問題があります。こうした問題について報告していただく必要はございませんが、その他の機能についてのご意見や、発見した問題がありましたら、レポートに組み込まれているフィードバック機能を使ってお知らせください。

  • モバイル版は現在開発中です。
  • プロパティ セットはまだサポートされていません。
  • Android アプリはまだサポートされていません。
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。