ブロックされたリソースのレポート

Googlebot では、ページを正しくレンダリングしてインデックスに登録するために、ページ上の数多くのリソースにアクセスする必要があります。たとえば、一般ユーザーと同様にページを認識できるよう、JavaScript、CSS、画像ファイルに Googlebot がアクセスできる状態になっている必要があります。

サイトの robots.txt ファイルでこれらのリソースのクロールが許可されていない場合、Google によるページのレンダリングとインデックスへの登録が十分に行われず、Google 検索におけるページのランキングに影響する可能性があります。

レポートの見方

このレポートには、サイトで使用されているリソースのうち、Googlebot によるアクセスがブロックされたものが表示されます。すべてのリソースが表示されるのではなく、ウェブマスターの管理下にあると思われるリソースのみが表示されます。

  1. レポートのリンク先ページには、サイト上で robots.txt のルールによってブロックされたリソースの提供元ホストのリストが表示されます。 リソースには、自分のサイトがホストするリソースのほかに、他のサイトがホストするリソースもあります。
  2. 表内のホストをクリックすると、そのホストでブロックされたリソースのリストが表示されます。ブロックされた各リソースによる影響を受けた、自分のサイト上のページの数も表示されます。
  3. 表内のブロックされたリソースをクリックすると、そのリソースを読み込むページのリストが表示されます。
  4. リソースのブロックを解除する方法については、表内のブロックされたリソースをホストしているページをクリックします。または、「リソースのブロックを解除する方法」の手順を行います。

深い階層まで移動した場合は、ページ上部に表示される「パンくずリスト」で適切なリンクをクリックすると上の階層に戻ることができます(例: [ブロックされたリソース] > [(ブロックしているホスト)] > [(ブロックされたリソースの名前)])。

リソースのブロックを解除する方法

ブロックされたリソースをホストしているページをクリックすると(上記の「レポートの見方」の手順 4 を参照)、リソースのブロックを解除する方法を示したリストが表示されます。ブロックされたリソースをすべて調べる必要がある場合は、以下の概要に沿ってブロックされたリソースのリストをチェックし、ブロックされるリソースを減らしてください。

  1. ブロックされたリソースのレポートを開いて、サイト上でブロックされたリソースの提供元のホストのリストを見つけます。自分が所有するホストから作業を始めます。これは、必要に応じて robots.txt ファイルを直接更新できるためです。リストに表示されるホストのすべてを管理していない場合は、作業可能なホストのリソースについて変更を行ってください。
  2. レポート上のホストをクリックします。そのホストでブロックされているリソースのリストが表示されます。リストをチェックし、コンテンツやレイアウトに有意に影響を及ぼしている可能性のあるリソースから作業を始めます。トラッキング ピクセルやカウンタなど、重要度の低いリソースは対象から外します。
  3. レイアウトに影響しているリソースをそれぞれクリックして、そのリソースを使用しているページのリストを表示します。リスト内のページをクリックし、ポップアップの指示に沿って違いを表示し、リソースをブロックしている robots.txt ファイルを更新します。変更するたびにページを取得してレンダリングし、リソースが表示されることを確認します。
  4. ブロックされた重要なリソースのすべてに Googlebot がアクセスできるようになるまで、ホストのリソースの更新を続けます。
  5. 自分が所有していないホストの作業に移ります。リソースの持つ視覚的な影響が大きい場合は、該当するサイトのウェブマスターに連絡して Googlebot に対するリソースのブロックの解除を依頼するか、そのリソースに依存しないようページを修正することを検討します。
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。