マークアップ サンプルを確認してダウンロードする

生成されたマークアップを確認する

マークアップ支援ツールは次の形式の schema.org マークアップに対応しています:

  • JSON-LD - HTML ページの JavaScript オブジェクトを使用してデータを定義します。Google では、ウェブ コンテンツに JSON-LD を使用することをおすすめしています。詳しくは、JSON-LD をご覧ください。
  • microdata - HTML タグの属性を使用してデータを定義します。詳しくは、microdata についてをご覧ください。

生成されたマークアップを確認する方法

  1. コンテンツをタグ付けした後、[HTML を作成] をクリックします。
  2. タグ付けしたコンテンツの横にある HTML ソースペインに生成されたコードが表示されます。マークアップ支援ツールでは、デフォルトで JSON-LD が表示されます。Microdata に変更するには、[形式] リストから選択します。
  3. タグを変更するには、[タグ付けに戻る] をクリックします。
  4. schema.org のスキーマに含まれているものの、マークアップ支援ツールでサポートされていないプロパティのマークアップを変更または追加する場合は、マークアップをダウンロードし終わるまで待つ必要があります。プロパティのマークアップを手動で追加するをご覧ください。
  5. 特定のタグまたはすべてのタグを削除する場合は、タグを削除するをご覧ください。

サンプル マークアップをダウンロードする:

  1. [HTML の表示] ページで [ダウンロード] をクリックします。
  2. [HTML の表示] ページをブックマークします。
    ブックマークは任意ですが、再びこのページに移動してサンプル マークアップを修正する場合に備えて、ブックマークなどの方法で URL を記録しておく必要があります。マークアップ支援ツールでは、作成したサンプルページのリストは保存されません。サンプルは最後にアクセスした時点から 1 か月間保存されます。

ブラウザで markup.html という名前のサンプルコードがダウンロードされます。

次のステップ

  1. ダウンロードしたファイル内のマークアップを変更または追加します。
  2. マークアップをテストします。
    • ウェブページの場合は、構造化データ テストツールを使用します。データタイプごとに特定のフィールドが必要です。たとえば、イベントには名前、開始日、住所が必要になります。情報が不完全な場合、Google によって使用されない場合があります。
    • メールの場合は、マークアップしたメールを Gmail アカウントに送信するか、メールスキーマ検証ツールを使用します。

  3. サイトまたはメール テンプレートにマークアップを追加します。
  4. サイトにマークアップを追加し、Google がサイトをクロールした後、そのマークアップがサポートされているタイプであれば、リッチリザルトのステータス レポートに構造化データが表示されます。クロールには数週間かかることがあります。データのクロールが正常に完了していれば、リッチリザルトとして表示されます。サイトのリッチリザルトが表示されない場合は、考えられる原因をご確認ください。

マークアップ サンプルを他のユーザーと共有する場合は、事前にサンプルページまたはメールから個人情報を必ず削除しておいてください。たとえば、ユーザーの名前や住所などの個人情報が含まれているメールを貼り付けた場合は、マークアップしたメールを共有する前にその情報を削除してください。

 

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。