Search Console のデータが表示されるタイミング

Search Console にサイトを追加してから、診断データやその他のデータが利用可能になるまで、しばらく時間がかかる場合があります。これは Search Console がサイトのデータを収集して処理するのに多少時間がかかる場合があるためで、エラーではありません。通常、「データがまだありません」というメッセージが表示された場合は、しばらくしてからもう一度確認してください。サイトが頻繁にクロールされるようになると、Search Console にさらに詳細なデータが表示されるようになり、データの更新頻度も高くなります。

それでもデータが表示されない場合は、次のいずれかの理由が考えられます。

  • たとえば、サイト www.example.com についてのデータが表示されない場合、サイトを追加したときに http://example.com という URL を使用したことが原因となっている可能性があります。Google では、この 2 つの URL はまったく別のサイトとして認識します。データの一部が不足していると思われる場合は、www を付けた URL と www を付けない URL の両方を Search Console アカウントに追加し、両方のサイトのデータを調べます。
  • [クロールエラー] にデータが表示されない場合は、単に問題が検出されなかったことが原因の可能性があります。問題が検出されなかった場合でも、定期的にここを確認することをおすすめします。
  • [検索アナリティクス] レポートにデータが表示されない場合は、ユーザーが検索結果でサイトをまだクリックしていないことが原因の可能性があります。サイトの検索順位が上がらない理由として考えられるものを確認してください。
  • [サイトマップ] にデータが表示されない場合は、サイトのコンテンツを Google が検出しやすくなるように、サイトマップを作成して送信することを検討してください。

Google では、クロール、インデックス、検索アナリティクスの統計情報など、所有権が確認されたサイトのデータの更新頻度を高めるよう努めています。これらのデータの大部分はサイトのコンテンツに基づくもので、サイトの状況をよく表しています。Google の内部システムは常に変化しており、ウェブ自体も常に進化しています。また、データを集計してからウェブマスターに提供するまでに時間差が生じる場合もあります。データは一定の間隔をおいて公開されますが、収集は常に行われています。コンテンツが頻繁に変更されていない場合や、サイトへの新しいリンクがない場合は、Search Console にログインしてもデータが更新されていない可能性があります。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。