検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

ソフト 404 エラー

通常、存在しないページがリクエストされた場合は、サーバーから 404(見つかりません)エラーが返されます。この HTTP レスポンス コードにより、ページが存在しないことがブラウザと検索エンジンに明示されます。その結果、ページのコンテンツ(存在する場合)は検索エンジンからクロールされず、インデックスにも登録されません。

サーバーでは、存在しないページへのリクエストに応答する際に、404 コードを返すだけでなく、404 ページも表示します。「ファイルが見つかりません」という標準メッセージが表示される場合もありますが、追加情報が記載されたカスタム ページが表示されることもあります。ページのコンテンツは、サーバーから返される HTTP レスポンスとはまったく関係ありません。ページに「ファイルが見つかりません」という 404 メッセージが表示されたとしても、そのページが 404 ページであるとは限りません。キリンが「犬」という名札を付けているようなものです。名札に犬と書かれていても、実際には犬ではありません。同様に、ページに 404 と表示されても、404 が返されたわけではありません。Fetch as Googlebot(またはウェブ上で利用できるその他のツール)を使用すると、URL が実際に正しいコードを返しているかどうかを確認できます。

存在しないページに対して 404 と 410 以外のコードを返すこと(または 404 を返す代わりにホームページなど他のページにリダイレクトすること)は、問題となる可能性があります。まず、その URL にページが存在することが検索エンジンに明示されます。その結果、URL がクロールされ、コンテンツがインデックスに登録される場合があります。存在しないページに対して Googlebot の時間が消費されるため、所有している固有の URL の検出が遅れたり、アクセスの頻度が少なくなったりする可能性があります。また、サイトのクロール範囲にも影響する可能性があります(検索クエリ「ファイルが見つかりません」でサイトが上位にランクされることは避ける必要があります)。

存在しないページへのリクエストに応答する際には、404(見つかりません)または 410(存在しない)を常に返すことをおすすめします。404 レスポンス コードが返されるときに、独自の 404 ページがサイトで表示されるように設定すると、ユーザーの利便性を高めることができます。たとえば、最も人気のあるページのリスト、ホームページへのリンク、フィードバック リンクが記載されたページを作成できます。ただし、404 メッセージを表示するページを作成するだけでは不十分です。正しい 404 または 410 HTTP レスポンス コードを返すことも必要です。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。